夜へ急ぐ人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夜へ急ぐ人
ちあきなおみシングル
A面 夜へ急ぐ人
B面 海のそばで殺された夢
リリース 1977年9月1日
ジャンル 歌謡曲
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 友川かずき(作詞、作曲) 
ちあきなおみ シングル 年表
ルージュ
(1977年)
夜へ急ぐ人
(1977年)
あまぐも
(1978年)
テンプレートを表示

夜へ急ぐ人」(よるへいそぐひと)は、1977年9月1日に発売されたちあきなおみシングルである。

概要[編集]

作詞・作曲にはフォークシンガーシンガーソングライター友川かずきが起用された。

この頃のちあきは本楽曲の他にもニューミュージックの歌手から提供された楽曲を多く歌っており、前作「ルージュ」は中島みゆき、次作「あまぐも」は河島英五の作品である。

1977年の『第28回NHK紅白歌合戦』では本楽曲が歌唱された。その紅白の舞台でのちあきの鬼気迫るパフォーマンスが視聴者の度肝を抜いて、白組司会の山川静夫は「なんとも気持ちの悪い歌ですねぇ〜」と発言した。

元々は、当時開催されていた『広島平和音楽祭』の参加作品として作られた。しかし、本楽曲のテーマは「日本の女の狂乱」であり、『広島平和音楽祭』のテーマとは無関係だった。

また、翌1978年に本楽曲も収録されたアルバム『あまぐも』が発売されるにあたって、アルバムバージョンの録音を行ったが、そのバージョンはロックバンドゴダイゴ」のメンバーミッキー吉野が編曲を手がけている。

1995年から1996年にかけてフジテレビ系で放送されていた『志村けんのオレがナニしたのヨ?』で志村けんが本楽曲に乗せて奇妙な踊りをするコントがあった。そのコントがYouTubeにアップされ、それをナインティナイン岡村隆史が視聴し、後日『ナインティナインのオールナイトニッポン』で岡村が「YouTubeで見た志村さんのコントで流れていた曲が面白い」と発言。それをきっかけに本楽曲の作詞作曲を担当した友川が話題になった。また、友川はオールナイトニッポンにもゲスト出演した。

収録曲[編集]

  1. 夜へ急ぐ人
  2. 海のそばで殺された夢
    • 作詞・作曲:友川かずき/編曲:宮川泰

カバー[編集]

  • 2004年発売の『友川かずき・ゴールデン☆ベスト』では、友川が『夜へ急ぐ人(ちあきなおみに捧ぐ)』と題して、本楽曲をセルフカバーしている。

関連項目[編集]