多発性内分泌腺腫症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多発性内分泌腺腫症(たはつせいないぶんぴつせんしゅしょう、: Multiple Endocrine Neoplasia ;MEN)とは、2つ以上の内分泌腺腫瘍または過形成が生じる病気である。MEN1遺伝子の異常により発生するMEN1型(Wermer症候群)とRET遺伝子の異常により発生するMEN2型に分けられる。

MEN1型
下垂体腫瘍、副甲状腺腺腫・過形成、膵消化管内分泌腫瘍(ガストリノーマインスリノーマ)が三大病変である。
MEN2型
2a型(Sipple症候群)と2b型に分けられる。2a型では、甲状腺髄様癌、副甲状腺腺腫・過形成、褐色細胞腫が三大病変である。2b型では、甲状腺髄様癌、多発神経腫、褐色細胞腫が三大病変である。

関連項目[編集]