多武峯少将物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

多武峯少将物語』(とうのみねしょうしょうものがたり)は、物語。1巻。高光日記とも。作者不詳。応和康保年間成立か。右少将藤原高光961年応和元年)8月多武峯に移り、草庵をむすぶまでを、藤原高光と少将敦敏の女)、愛宮)らとのあいだでかわされた和歌を中心に叙する。

関連項目[編集]