多来加湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
多来加湖
所在地 樺太
面積 180 km2
周囲長 81 km
最大水深 1.8 m
水面の標高 0 m
成因 海跡湖
淡水・汽水 汽水
テンプレートを表示

多来加湖(たらいかこ)は、樺太中部にある。現在はロシア連邦の領有下にあり、ネフスコエ湖と呼ばれている。

当該地域の領有権に関する詳細は樺太の項目を参照。

地理[編集]

樺太敷香郡敷香町に位置する海跡湖で、多来加湾に面する。樺太最大の湖で、面積は180km2霞ケ浦(167km2)やサロマ湖(152km2)より大きく、日本統治時代は琵琶湖八郎潟に次いで日本で3番目に大きい湖だった。

  • 流入河川 : 振戸川、留久玉川、毛売川など
  • 流出河川 : なし

歴史[編集]

ウィルタ民族が多来加湖周辺に居住していた。他にもニブフヤクートなど北方諸民族が多く暮らしていた。17世紀には松前藩士が地図作成のため樺太を探検し、この付近まで足を踏み入れた。

生物相[編集]

湖の東側は海水域で、サケニシンワカサギなどが生息する。西側は淡水域でフナなどが生息する。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]