多体問題 (量子論)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

量子論における多体問題は、非常に多岐にわたる分野である。

量子力学では、電子が1つである水素原子のシュレーディンガー方程式は正確に解くことができるが、電子が2つであるヘリウム原子では正確には求めることが出来ない。よっていろいろな近似をしなければならず、どのような近似方法を用いればよいかが問題になる。このように3体問題以上はすべて多体問題と呼んでもよいだろう。

場の量子論でも、第二量子化によって数表示することで多体問題を扱うことになる。

[編集]

アプローチ方法[編集]