外側広筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
外側広筋
Vastus lateralis muscle.png
分類
所在分類: 骨格筋
支配神経: 大腿神経
部位
体肢筋
下肢の筋
大腿筋
伸筋群
大腿四頭筋
ラテン名
Musculus vastus lateralis
英名
Vastus lateralis muscle

外側広筋(がいそくこうきん、Vastus lateralis muscle)は人間大腿骨を起始とする筋肉膝関節の伸展を行う。

大腿の外側面で大転子の下部から起こり、膝蓋骨の上縁外側から膝蓋靭帯英語版をへて脛骨粗面に停止する。中間広筋内側広筋大腿直筋と一緒に大腿四頭筋を構成している。

参考文献[編集]

大腿骨(大転子、粗線外側唇)から始まり、脛骨(脛骨粗面)で終わる。膝関節の伸展に作用し、支配神経は大腿神経。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]