外交官 黒田康作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
外交官・黒田康作から転送)
移動: 案内検索
外交官 黒田康作
DIPLOMAT KOSAKU KURODA
ジャンル テレビドラマ
放送時間 木曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2011年1月13日 - 3月17日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 臼井裕詞
演出 西坂瑞城
永山耕三
原作 真保裕一
脚本 古家和尚
池上純哉
プロデューサー 牧野正
出演者 織田裕二
柴咲コウ ほか
下記を参照
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
エンディング IL DIVOTIME TO SAY GOODBYE
(第3話-)
外部リンク 外交官 黒田康作

特記事項:
前作:映画『アマルフィ 女神の報酬
次作:映画『アンダルシア 女神の報復
テンプレートを表示

外交官 黒田康作』(がいこうかん くろだこうさく、DIPLOMAT KOSAKU KURODA)は、フジテレビ系で2011年に放送された織田裕二主演のテレビドラマ

概要[編集]

織田裕二主演で2009年に公開された映画『アマルフィ 女神の報酬』の続編。映画では描かれなかったという主人公の過去が描かれた。キャッチコピーは「『アマルフィ』から1年。舞台はサンフランシスコ、そして東京へ――」。前作の映画ではイタリア・ローマと一部のみアマルフィの観光地が舞台だったが、本作は日本以外に、アメリカ・サンフランシスコメキシコの3ヶ国が舞台。ただし、メキシコは、物語の主要の場所ではあるが撮影をしていない。

今作は、在日メキシコ大使館から放送内容について抗議を受けた(詳細は後述のメキシコ大使館からの抗議問題を参照)。また前作の映画では、脚本家クレジットがなく、脚本家組合から抗議を受けて問題となったが(経緯はアマルフィ 女神の報酬#「脚本」クレジット不表示公開を参照)、本作は古家和尚池上純哉が脚本を担当した。初回は54分拡大で21:00 - 22:48に放送された。また、1話あたりの制作費は5000万円以上で1月スタートのドラマの中では破格の制作費だったが[1][要高次出典]、平均視聴率は10.1%で、全10回中、2桁だったのは最初の4回分のみだった。

2011年6月25日、ドラマ放送前より製作を進めていた続編映画『アンダルシア 女神の報復』が公開された。

あらすじ[編集]

イタリアのローマにおいて発生した日本人少女誘拐に端を発する犯罪事件を、イタリア大使館へ赴任したばかりの外交官・黒田康作の尽力で解決した前作より月日は流れ、黒田は南米のボリビアで誘拐された日本人の救出工作を秘密裏に進めていた。この事件を解決した後、上司である安藤庸介から次の任務として在サンフランシスコ日本領事館で外務副大臣・観上祥子の警護をするよう指示される。日本政府がアメリカ産牛肉の輸入規制を解除しない中、現地では輸入規制解除を求める市民団体のデモが発生しており、WTO農業交渉会議に出席する観上の身に危険が迫る恐れがあるという。そしてサンフランシスコに赴任した黒田は、かつて在メキシコ日本大使館で一緒に働いていた霜村毅とそこで再会する。

一方、日本の東京では佃警察署の刑事課に勤務する大垣利香子巡査長が帰宅途中の佃署管内路上で不審遺体を発見する。現場に残っていた遺留品や証拠品から被害者は某大学医学部教授、その殺人容疑者として霜村が浮かび上がってきたが、その矢先に霜村がサンフランシスコで飛び降り自殺をしたとの報が入る。現地に派遣された大垣巡査長に付添われて、霜村の娘で高校生の瑠衣によって死体の身元を確認されたために被疑者死亡により捜査本部は程なく解散、捜査打切りとなった。

ところが、黒田は後日偶然にもサンフランシスコ国際空港のメキシコ方面出発ゲートで霜村らしき人物を目撃する。事実関係を調べるために安藤室長に外務省中米カリブ課にポストを用意してもらい、黒田は11年ぶりに日本へ帰って来る。

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

黒田 康作 - 織田裕二

日本の外務省「邦人テロ対策室」所属の外交官として活動する。しかし「邦人テロ対策室」の職員達は誰も面識がない。黒田が在メキシコ日本大使館員時代の1999年、大使館がテロリストに占拠される事件が発生し、制圧部隊とテロリストとの交戦中の隙を突いて人質たちを避難させる際に自らの判断ミスで人質だった霜村の妻・倫世を死なせてしまう。以後11年間海外各地で対テロ邦人保護の活動をしてきたという。

大垣 利香子 - 柴咲コウ
警視庁佃署刑事課所属の警察官。階級は巡査長。外務省安藤室長から、元外交官自殺事件の調査協力のため、黒田とコンビを組まされる。記憶力と空間認識能力に優れ、捜査地図を描くのが得意。地図検定で満点を取ったことが自慢の地図オタク。しかし、警察官なのに死体を発見して119番に電話するなど、大人として破綻した登場人物。両親が営む実家の銭湯の向かいに部屋で一人暮らしをしていて、互いに親離れ・子離れができない。黒田と行動中に霜村一派による殺人事件に遭遇してしまい、以後の捜査から外されてしまう。欧州局に回された黒田に代わって密かに単独行動で霜村を追う。捜査情報を霜村一派に漏らしていた上司の山路を結果的に逮捕したことで、複雑な立場となる。

外務省

観上 祥子 - 草刈民代
外務副大臣。前作に登場した川越亘から黒田について聞いた事があり、彼に興味を抱く。東大卒で元女子アナという経歴を持ち、愛人スキャンダル報道にさらされていたが、WTO会議最終日に仕掛けられていた狂言テロの場で人質解放を呼びかけ、勇気ある大臣として世界中に報道され結果的に評判を上げる。「開かれた外務省」を掲げ、正体不明の邦人テロ対策室にメスを入れるべく、黒田をマークする。
悠木 圭一 - 萩原聖人
外務副大臣秘書官。観上の右腕。観上から黒田について調べるよう言われていると黒田本人に言い放ち、何かと黒田に絡む。裏で霜村を利用していた。
斉藤 修助 - 近藤正臣
外務大臣。
西園寺 守 - 田中圭
外務省中南米局中米カリブ室職員。若いがやり手の外交官。穏便さを欠く黒田の取引手法に反感を持っていたが、アリトリア王国問題で国益に対する考えを聞いて外交官の在り方に揺さ振りを受ける。大垣巡査長に好意を持つ。
鴨下 祐司 - 大倉孝二
外務省中南米局中米カリブ室室長。西園寺の上司。部下達を上手く利用し、まとめる。黒田の人事異動に訝しさを覚え、彼の本当の任務を見抜く。ただそれを公表せず淡々と接しているところから、黒田から自己保身的な『ただの役人』と思われている。黒田の外交官としての職歴の経緯を知る人物で、最終的には彼に協力する。
外務省中南米局中米カリブ室所属
その他の職員
  • 大島 寿志(外務省中南米局中米カリブ室所属) - 渡辺邦斗
  • 安藤 庸介(邦人テロ対策室室長) - 鹿賀丈史(特別出演)
前作に登場した片岡博嗣の後任。黒田とは今回の帰国まで電話連絡ばかりで直接顔を合わせた事が無かった。

佃警察署刑事課

山路 貴繁 - 岩松了
佃署刑事課課長。階級は警部。利香子の上司。利香子については地図関連の能力以外に全く認めていないが、刑事課へ着任させた当の本人でもある。実は霜村毅とも関わりがある。
その他の刑事

警視庁刑事部捜査一課

新居田 一彦 - 田中哲司
刑事部管理官。階級は警視。被疑者死亡で一度捜査終了した事件を黒田と利香子が嗅ぎ回っていたのを快く思っていなかったが、霜村の生存を知って捜査本部を再び立ち上げる。
鷹村 修司 - 君沢ユウキ
管理官付。

霜村家

霜村 毅 - 香川照之
NPOの医療団「ボーダレス・エイド」主宰者、医師。元外交官で黒田のメキシコ時代の先輩。医学部教授殺害の容疑者だったが、サンフランシスコで謎の自殺を遂げる。しかし、死んだ筈の彼がサンフラシスコ国際空港で中米方面に向けて出国するところを黒田に目撃される。その後、メキシコ経由でロベルト・イシイ・トレス名義で日本に入国し、メキシコ大使館内に匿われていることを黒田に突き止められる。
霜村 瑠衣 - 夏帆
毅の娘。忙しい父に代わって、親戚に育てられた。東京都立開栄高等学校の高校生。母親の死に黒田が関わっていることを知っており、黒田を憎んでいる。
霜村 倫世 - 紺野まひる
故人。毅の妻、瑠衣の母。1999年当時、ユニセフ職員としてメキシコで児童伝染病の治療活動をしていたが、黒田と共に日本大使館立て篭もり事件に巻き込まれ、脱出時に射殺される。

その他

大垣 保 - 六平直政、大垣 今日子 - 美保純
利香子の両親。利香子が住むアパートの向かいで銭湯を営んでいる。
佐々木 藍子 - 片瀬那奈
フリーライター。アトロン事件を密かに調べ続けていた。黒田と利香子に接触し、取材を申し込む。悠木を「悠ちゃん」・「圭ちゃん」と呼ぶなど、以前からつながりがあることが示唆されているが、詳細は不明。
君島 祐太朗 - 西島隆弘
瑠依と同じ高校に通う先輩。アトロン被害者で、副作用のため腎臓に障害を抱える。某大学医学部教授殺人事件の遺体発見現場について偽証。アトロン薬害の関係で瑠依の父・霜村とも直接関わりがある。
ジョン - イ・ビョンホン(特別出演)
韓国系アメリカ人のCIA職員。主に対象組織に潜入して諜報活動を行っている。黒田とは旧知の仲で、ギブアンドテイクで情報を提供する。駐日アメリカ大使秘書をはじめ、女性の扱いも巧み。(実際には、CIAはアメリカ国外での諜報・工作活動を行なうべく、大統領令で活動制限を受けている。)
柏田 勉 - 八神蓮
君島の先輩。ある事件を目撃したことで君島を恐喝し、更に瑠衣に対してストーカー行為をしていたが何者かに殺害される。
ロベルト・イシイ・トレス
アトロン薬害被害者の日系メキシコ人。エイズで余命わずかであることを覚悟しており、罹病した本人に献身的に看病した霜村に感謝して、その恩返しとして身元のすり替わりに自主的に協力。「霜村」として高層ビルから投身自殺する。風貌は別人であったが、メキシコ大使館のデータベースの写真は、大使館内の協力者によって霜村のものとすりかえられている。


各話ゲスト[編集]

  • 第1話
    • 鮫島 - 中野剛(在サンフランシスコ日本国総領事館付在外公館警備対策官
    • 立原 - 内田滋(在サンフランシスコ日本国総領事館・職員)
    • 晴子 - 中別府葵(在サンフランシスコ日本国総領事館・職員)
    • 沖田 - 山崎一(在サンフランシスコ日本国総領事館・職員)
    • 総領事 - 小林隆(在サンフランシスコ日本国総領事館総領事)
    • 白山武徳 - 遠藤たつお(日本国外務省関係者)
    • 吉野公久 - 利重剛(サンフランシスコ・ペニンシュラ病院の医師、黒田と瑠衣が霜村毅の遺体確認をする時に同席。黒田の部屋を物色し、見つかって逃走した後、堤防から転落死。)
    • 湊肇 - 小田桐一(横浜大学医学部教授、最初の被害者。利香子が遺体の第一発見者になる。薬害訴訟の被告人だった過去がある【第8話】)
  • 第2話
    • 東京入国管理局の職員 - 桜井聖
    • エルナンド - ダリオ(駐日メキシコ合衆国大使館員【〜第3・4話】、霜村をメキシコ大使館に匿っている外交官。黒田には犬呼ばわりされていた。)
    • 東京都立開栄高等学校の教師 - 渡辺杉枝
  • 第3話
    • 三元石油の男性 - 石黒久也徳永淳
    • 「フラワーメイツ」のアルバイト店員 - 板倉チヒロ(霜村が潜伏先のメキシコ大使館から外出する時に運転手として使われていた。【〜第4話】)
    • サラ - ジェーニャ・マラホワ(アリトリア王国の王女、日本の開発援助による自国の発電所建設計画を了承する役目を担って国王の代わりに来日。幼い頃に、日本人誘拐事件に巻き込まれ、黒田に救い出された事がある。【〜第4話】)
  • 第4話
    • 村橋 - 清水紘治(アリトリアの発電所建設の利権に絡んでいる代議士。【〜第5話】)
  • 第5話
    • 吉村進 - 大河内浩(外資系製薬会社ブライトン・ジャパンの社長。自社の新製品発表パーティーの会場で何者かに殺害される。)
  • 第6話
    • 田中寛美 - 伊藤裕子(倫世のユニセフ時代の同僚で、同じく立て篭もり事件に巻き込まれた。11年振りに訪ねて来た黒田に、倫世が当時関わっていた仕事の事を教える。)
  • 第7話-最終話
    • 矢田部誠一郎 - 平泉成(元内閣総理大臣)
    • 君島奈緒子 - 黒沢あすか(君島祐太朗の母親)
    • 霧島刑事 - 飯田基祐(警視庁公安部)
    • 刑事 - 島津健太郎(警視庁公安部、【第7・9話】)
    • イーサン・ゴールドマン - イアン・ムーア(ブライトン製薬CEO、【第7話〜第9話】)
    • 久保内洋二 - 伊藤正之(ブライトン・ジャパン新社長、【第8・9話】)
    • シスター(尼僧) - 建みさと(瑠衣と祐太朗が逃亡中に隠れていた教会のシスター、【第8話】)


スタッフ[編集]

  • 原作 - 真保裕一天使の報酬』(講談社刊行)
  • 脚本 - 古家和尚、池上純哉
  • 音楽 - 菅野祐悟
  • 主題歌 - IL DIVOTIME TO SAY GOODBYE」(ソニーミュージックジャパンインターナショナル)(第3話以降に使用)[2]
  • 技術プロデュース - 小椋真人
  • 撮影 - 大野勝之、佐々木肇、高瀬和彦
  • 映像 - 南雲幸平
  • 照明 - 藤本潤
  • 録画 - 横井甲児
  • 編集 - 山本正明
  • ライン編集 - 松本英之
  • ナレーター - 佐藤アサト
  • MA - 市村聡雄
  • 選曲 - 藤村義孝
  • 音響効果 - 近藤隆史
  • 編集デスク - 吉田竜二
  • 美術プロデュース - 三竹寛典
  • 美術デザイン - 柳川和央
  • 美術進行 - 山下雅紀
  • 大道具 - 福田智弘
  • 操作 - 吉田精正
  • 建具 - 三田村賢
  • 装飾 - 稲場裕輔
  • 電飾 - 中園誠四郎
  • アクリル装飾 - 日野邦彦
  • 生花装飾 - 牧島美恵
  • 植木装飾 - 後藤健
  • 衣裳 - 増田歩
  • スタイリスト - 直井政信、今村文子、堀井香苗
  • メイク - 佐藤美和、飯面裕士、内野晶子
  • ヘアースタイリスト - PARK YOUNGIL
  • フードコーディネーター - 住川啓子
  • 視覚効果 - 江崎公光
  • タイトルバック・VFX - 山本雅之
  • VFX - 浅野秀二
  • 編成 - 塩原充顕
  • 広報 - 片山正康
  • 広告宣伝 - 吉田和江
  • ホームページ - 丸谷利一
  • スチール - 瀬井美明
  • 外務省監修 - 小池政行
  • 警察監修 - 大久保秀幸
  • 医療監修 - 阿部聡
  • リサーチ - 喜多あおい
  • 外国語指導 - 孫政郁
  • 韓国語翻訳 - 楊恵景
  • スタントコーディネーター - 釼持誠


放送日・視聴率[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 2011年1月13日 外交官黒田と地図オタク女刑事が
国境を越えた怪事件に挑む
西坂瑞城 13.3%
第2回 2011年1月20日 今夜いよいよ東京編スタート!! 11.8%
第3回 2011年1月27日 迫る、再会の時 永山耕三 11.1%
第4回 2011年2月03日 王女誘拐事件の謎 10.6%
第5回 2011年2月10日 ついに、直接対決 西坂瑞城 9.9%
第6回 2011年2月17日 悲しき犯人逮捕 永山耕三 8.9%
第7回 2011年2月24日 裏切り、切ない絆 西坂瑞城 8.8%
第8回 2011年3月03日 最後のターゲット 永山耕三 9.0%
第9回 2011年3月10日 今夜、明かされる! 事件の全容 西坂瑞城
永山耕三
8.6%
最終回 2011年3月17日[3][4] この国の未来へ 西坂瑞城 9.3%
平均視聴率 10.1% (視聴率関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 遅れネット局 青森テレビTBS系列) (2011年1月22日~2011年3月26日 土曜日13:00 - 13:54)
    2011年3月12日については、該当時間帯に「JNN報道特別番組・東日本大震災」が放送されたために休止。第8話は予定より1週遅れの3月19日に、また、第9話のみ3月21日(月曜日)14:55 - 15:50にそれぞれ放送。

メキシコ大使館からの抗議問題[編集]

在日メキシコ大使館から2011年2月2日、ドラマ中のメキシコに関して「第1話 - 3話の表現全般に誤った印象を与える描写があった」として抗議を受けたと報じられた。フジテレビ側は「メキシコ合衆国、及び、在日メキシコ合衆国大使館に関する誤ったイメージを提示しました。配慮に欠けました」と謝罪し、ドラマの公式サイトに謝罪文を掲載し、第4回放送前後でも、同様のおわび字幕を流した。[5][6][7]。第2話と第3話に在日メキシコ大使館員が外務省に極秘情報と引換えに交通違反のもみ消しを頼んだり、外交官特権を悪用して不法入国者を匿うというシーンがあった。

本作では、物語の核心の場所としてメキシコが登場しながら、メキシコでのロケは行われていない。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 踏んだり蹴ったりの織田ドラマ』リアルライブ 2011年02月05日
  2. ^ 織田が主演のドラマで織田の楽曲を使用しなかったのは1996年の『真昼の月』以来である。
  3. ^ 東日本大震災の影響が大きかった宮城県(仙台放送)、福島県(福島テレビ)では東日本大震災特別番組を放送(19:00-23:30)、振替放送日は仙台放送が3月20日(日)15:00 - 15:54、福島テレビが同14:00 - 14:54。(これ以外の番組(VS嵐アンビリバボーみなおか5LDK)の当日放送分は2県では放送されなかった。)
  4. ^ 最終話(2011年3月17日放送)のみ東日本大震災の影響で、ディップ(ナースではたらこ)と日建学院を除く協賛社の提供クレジット・CMが自粛され、ACジャパンのCMに差し替えられた。
  5. ^ フジ、「外交官」で謝罪…メキシコ大使館が抗議』読売新聞 2011年2月4日
  6. ^ フジテレビがメキシコ大使館に謝罪=「ドラマで誤ったイメージ」』時事通信 2011年2月4日
  7. ^ フジTVがメキシコ大使館に謝罪 織田裕二主演「外交官 黒田康作」めぐり』MSN産経ニュース 2011年2月4日
フジテレビ 木曜劇場
前番組 番組名 次番組
医龍-Team Medical Dragon-3
(2010.10.14 - 2010.12.16)
外交官 黒田康作
(2011.1.13 - 2011.3.17)
BOSS 2ndシーズン
(2011.4.14 - 2011.6)