夏珪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
渓山清遠図(部分)

夏珪(かけい、生没年不明)は、南宋の画家。は禹玉。当時における院体画の第一人者とされる。

臨安杭州)の出身。南宋の都であった杭州の画院で、寧宗の時代に活躍をみせた。とりわけ山水画が有名である。北宋期の風景画が大観的な視点から描いているのに対し、夏珪の画の多くは、画の一角に風景を描き多くを余白にした(「辺角の景」)。かつては「伝夏珪 竹林山水図」が旧広島藩浅野家に蔵されていた。

関連項目[編集]

文献[編集]