夏への扉 (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏への扉
ジャンル 少女漫画
漫画
作者 竹宮惠子
出版社 白泉社
掲載誌 花とゆめ
発表号 1975年19号 - 20号
巻数 全1巻
映画
監督
制作 東映動画
封切日 1981年3月20日
上映時間 59分
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

夏への扉』(なつへのとびら)は、1981年3月20日より各地で順次公開された日本のアニメーション映画作品。

概要[編集]

竹宮惠子1975年19号・20号に白泉社の少女漫画雑誌『花とゆめ』へ発表した短編原作を東映動画マッドハウスによりアニメ化。上映時間は59分。同時上映は吉田秋生原作の『悪魔と姫ぎみ』。配給はスーパーハリウッド(スーパーウッド)。

竹宮原作のアニメ映画化としては前年の『地球へ…』に次ぐ。一般の劇場・映画館ではなく公共ホールやイベント会場・公民館などで上映する「オフシアター方式」で、全国200箇所で上映された。首都圏では数日に亘って上映されたが、多くの地方都市では1日限りの上映となった。

ロバート・A・ハインラインの同名の小説『夏への扉』とは関係が無い。

ストーリー[編集]

あるフランスの男子校で夏休みが始まろうとしていた。マリオン・フィエスは容姿端麗にして学業もトップという秀才ぶりから寄宿舎内でも街の少女たちからも常に注目の的であった。少年らしからぬ超然とした雰囲気を漂わせる彼は、学内で仲間のジャック・シドーやリンド・アレイン、クロードと共に「合理党」というグループを結成し、そのリーダーとして一目置かれる存在となっていたのである。

とある昼下がり、カフェに立ち寄った合理党メンバーは、ギムナジウムの男子生徒誰もがマドンナと慕い憧れる市長の令嬢である美少女レダニア・フランソワを巡って、些細なことから始まった上級生アルマンとガブリエルの喧嘩に遭遇する。見かねて仲裁に入ったマリオンは、騒ぎの張本人ガブリエルと「背を向けた状態で線路に立ち猛スピードで迫る列車に果たしてどちらがどこまで耐えられるか」という度胸試しの決闘によって決着をつけることにする。衆人環視の中で決闘が始まるが、ガブリエルは機関車の轟音に耐え切れず早々と離脱してしまう。ギリギリまで平然と踏み止まり勝負に勝ったマリオンは涼しい顔でその場を立ち去ろうとするが、自分が今しがた緊急停車させた汽車から優雅に降りて来た妖艶な美女サラ・ヴィーダに呼び止められる。ポーカーフェイスで応えるマリオンの心中に生じた動揺を見抜いたサラは、突然マリオンの唇を奪い「遊びにいらして…」と誘惑の言葉を残して去って行く。

いくら「合理党」のリーダー然と振る舞い気取ってはいても、やはりマリオンも思春期の少年である。人並以上に性への興味・関心はあったものの、母親の再婚による複雑な家庭環境から男女の恋愛を禍々しく不浄なものと感じる過敏な潔癖さがそれを無理矢理に抑え込んでいた。その複雑な感情は或る日好意を告げる恋文を送ってきたレダニアに対しても向けられ、カフェで待つ彼女を「不潔」と罵倒したマリオンは頬を打たれてしまう。自暴自棄となったマリオンは雨の降りしきる中を走り去り、ずぶ濡れになってそのまま路上に倒れ込む。

冷たい雨に打たれ凍えて肺炎になりかけていたマリオンを救ったのはサラだった。別荘へ連れて行き服を脱がせた後、激しく燃える暖炉の前で優しくキスを教える年上の美女サラの誘惑に抗えず、遂にマリオンはサラと激しい一夜を共にしてしまうのであった。

主な登場人物(声の出演)[編集]

スタッフ[編集]

原作との違い[編集]

  • 原作ではラストでレダニアとジャックが婚約しているが、アニメでは結ばれることなく終わる。
  • サラのパトロンの名が原作では「クリュニー」だが、アニメでは「クリューニー」となっている。

発売メディア[編集]

かつて東映ビデオからVHS及びベータマックスでビデオ化・販売(更に2000年廉価版VHS販売と同時期にLD化)されていたものの既に廃盤となっており、永らく入手困難となっていたが、2007年6月21日に東映ビデオよりDVDが発売された。