夏の歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

夏の歌』(なつのうた、英語:A Song of Summer)は、フレデリック・ディーリアスが作曲した交響詩

概要[編集]

1931年の作品で、当時ディーリアスは失明していたために、口述筆記によって友人エリック・フェンビー筆耕を務めて完成させた。1931年9月17日ヘンリー・ウッドの指揮によりロンドンで初演され、フェンビーに献呈された。

本作の事情についてディーリアスはフェンビーに次のように語ったという。

想像してくれたまえ。ヒースの生い茂るに腰かけてを見渡しているところを。弦楽器の高音域で保たれた(冒頭の)和音は、雲ひとつない青空と、静かで穏やかな景色を示しているんだ。……曲に動きが出てきたときにヴァイオリンに現れる音型を憶えておくがいい。そこで私がそれを取り入れたのは、波の静かなうねりを示したかったからなのさ。フルートが示しているのは、滑空するカモメだ。