変 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

』(へん)は、奥浩哉による日本漫画作品。奥浩哉のデビュー作であり、1988年に青年漫画大賞に準入選した作品である。同作者による同名の複数作品(表記は『変[HEN]』・『へん』・『HEN』)についても本項で扱う。

変 / へん[編集]

後の『変[HEN]』とは違いTSFに属するジャンルの漫画であり、男子高校生が感染による突然変異で女性になってしまうというラブコメギャグマンガである。後に『へん』というタイトルでリメイクされ、短期集中連載された。いずれも奥浩哉短編集『黒』に収録。

あらすじ(変 / へん)[編集]

変[HEN][編集]

『変』第1巻と奥浩哉短編集『赤』収録の『嫌』(いや)が原型。1992年より『週刊ヤングジャンプ』にて連載開始。単行本『変』第4巻から第13巻に収録されている。1996年にはドラマ化もされて、深夜放送にも関わらず12.6%という高視聴率を記録した(後述)。

あらすじ(変[HEN])[編集]

佐藤ゆうきは普通の高校生。そこに不良の鈴木一郎が現れて、ゆうきに一目惚れ。ホモじゃないのに「男と男」という奇妙なラブコメが展開される。鈴木が惚れたのはただの偶然じゃなく、お互いの前世にまでさかのぼると全てが判明する。

登場人物(変[HEN])[編集]

佐藤 ゆうき
主人公の白薔薇高校の2年生。女性のような容姿で何度も男性に告白されたことがある。奥浩哉は5巻巻末や後年のインタビューなどで「佐藤は女の子っぽい男の子」であると述べている。ドラマ版は佐藤=男性として物語をまとめた。
奥 浩哉
原作者と同姓同名のサブキャラ。佐藤ゆうきの親友の同級生。
鈴木 一郎
準主役。電車の中で会った佐藤ゆうきに一目惚れし、黒薔薇高校から白薔薇高校へ転校してきた。身長2mで美男子、喧嘩では無敵の不良だったが、惚れた佐藤には逆らえず、高校生になって初めて見たフランダースの犬やハイジで涙を流す一面も。
鈴木 早映菜
鈴木一郎の実妹。人気漫画「ナイトランナー」の作者。ペンネームは大野克幸。
冴木 貴仁
山川の元恋人。佐藤を好きになり鈴木と共に佐藤を取り合う。
山川さん
冴木の元恋人。バスケ部に所属しており鈴木を熱心にバスケ部に勧誘していた(佐藤をずっと佐田と思っていた)。
滝川 美咲
漫画研究部の部長。冴木の漫画対決のパートナーだったが、お互い真剣に好き合うようになる。
佐藤 キンゾー
佐藤ゆうきの祖父。鈴木に佐藤の名前をしつこく聞かれた時に、佐藤ゆうきがウソをついてキンゾーだと教えた。

HEN[編集]

『変』第2巻と奥浩哉短編集『赤』収録の『好』(すき)が原型。『変[HEN]』の続編として連載された。単行本『HEN』全8巻に収録されている。『変[HEN]』の登場人物との絡みも描かれている。1996年に『HEN Vol.2 ちずるちゃんとあずみちゃん』としてドラマ化された。

あらすじ(HEN)[編集]

登場人物(HEN)[編集]

テレビドラマ版[編集]

1996年にテレビ朝日ウイークエンドドラマ」枠で放映。

1997年にお色気シーンを放送時より強調したものに差し替え又は追加した「オリジナル ハード・バージョン」としてビデオ化、アミューズビデオから発売された。2006年に本放送時のバージョンをDVD化、アートファイブより発売された。

変[HEN] 鈴木くんと佐藤くん[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ
エンディングテーマ

HEN ちずるちゃんとあずみちゃん[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:奥浩哉
  • 脚本:青柳祐美子
  • プロデューサー:五十嵐文郎(テレビ朝日)、森田光則、西口典子
  • 演出:森田光則、根本実樹、富田勝典、池添博
  • 音楽:渡辺博也
  • 協力:東通、黒スタジオ
  • 制作:テレビ朝日、木下プロダクション

主題歌[編集]

オープニングテーマ
  • Favorite Blue「愛よりも激しく、誰よりも愛しく」
エンディングテーマ
  • Dear「Melody」
    • 『変[HEN]』のオープニングとエンディングが入れ替わった形。

アニメ版[編集]

1997年に東映ビデオより『HEN』が全2巻のOVAとしてリリースされた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

関連商品[編集]

関連項目[編集]