声門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
声門
Arytenoid cartilage.png
声門の模式図(C=披裂軟骨、D=声帯)
Glottis positions.png
声門の様々な状態
英語 Glottis
器官 呼吸器
MeSH Glottis

声門(せいもん、: glottis)とは、左右の声帯とそれらの間の空間(声門裂)とをまとめていう[1]

機能[編集]

声門裂を空気が流れることで声帯が振動し、が産み出される。その振動音の音質を「」と呼ぶ。

声帯振動は、母音および有声子音にとって不可欠な要素である。左右の声帯が離れていれば、その間を空気が流れても振動が起きることはない。無声子音の産出時の状態がこれである。

声門だけが関わって産出される音声を「声門音」という。英語には h で綴られる無声声門摩擦音があるほか、多くの英語方言では音素 /t/ (方言によっては /k//p/ も)の異音として声門閉鎖(左右の声帯を互いに押し付けることでできる)が用いられる。いくつかの言語では声門閉鎖音を音素としてもつ。

オーストラリアの楽器ディジュリドゥーの熟達した奏者たちは、楽器のもつ音色の全域を出すために声門の開き具合を制限している[2]

声門は、バルサルバ効果においても重要な役割を果たす。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Glottis - eMedicine Dictionary
  2. ^ Tarnopolsky et al. "Acoustics: The vocal tract and the sound of a didgeridoo", Nature 436, 39 (7 July 2005)

関連項目[編集]