増田龍治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

増田 龍治(ますだ りゅうじ、1968年[1] - )は、日本3DCGアニメ監督熊本県熊本市出身[1]大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業[1]。2007年から2011年まで京都造形芸術大学キャラクターデザイン学科・学科長[1]

大学時代は映画を学んでいたが、就職活動中にアニメ監督の遠藤政治に出会い、アニメ会社に就職するも退社[2]。当時公開していた『ジュラシック・パーク』のCGに感銘を受けて、ゲーム会社のCG部門で学ぶ[2]

その後、2000年に原作・監督・脚本を担当した『ポピーザぱフォーマー』でデビュー[2]。DVDは12万枚を売り上げ、2002年度コロムビアゴールドディスク大賞を受賞した。続いて制作された『ガラクタ通りのステイン』は、第8回文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞し[3]、2003年釜山国際映画祭や2004年メルボルン国際映画祭に招待された。 続く『Funny Pets』も2006年度メルボルン国際映画祭に正式招待されている。 2009年には、 教育している大学生すべてを監督に起用して、世界初の365日放送アニメ『キャラディのジョークな毎日』の全体監修を担当。 2013年『オー!ジーザス』原作・脚本・監督。

監督[編集]

アニメ[編集]

実写[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Ryuji Masuda -増田龍治公式ホームページ-THEFOOL Inc.
  2. ^ a b c Adobe Japan Education Vanguards インタビュー増田 2009年10月 坂本綾(アリカ) Adobe Japan
  3. ^ 贈呈式・受賞作品展 平成16年度(第8回)文化庁メディア芸術祭 文化庁

外部リンク[編集]