増渕竜義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
増渕 竜義
北海道日本ハムファイターズ #45
YS-Tatsuyoshi-Masubuchi.jpg
ヤクルト時代(2008年4月20日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県草加市
生年月日 1988年5月3日(26歳)
身長
体重
186 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2007年4月7日
年俸 2,900万円(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

増渕 竜義(ますぶち たつよし、1988年5月3日 - )は、埼玉県草加市出身の北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手投手)。

ニックネームは「ドラゴン」。

来歴・人物[編集]

アマチュア時代[編集]

小学4年生の時に、軟式少年野球チームで野手として野球を始めた。中学時代から投手として活躍し、高校進学に際しては浦和学院春日部共栄など地元私学からの勧誘もある中、地元草加市から30km離れた公立の鷲宮高校に進学。埼玉新聞や各スポーツ紙によると、鷲宮高校を志願した理由は、「公立高校の方が埼玉らしい」「公立の高校に入って私立の強豪校を倒したい」と述べている。また私立高校の勧誘そのものに疑問を投げかけたこともあった。

鷲宮高では1年生の秋からエースとなり、2年生で早くも140km/hを超える速球を投げ込んで注目を集めた。3年生の2006年夏の全国高等学校野球選手権埼玉大会では、5回戦の対市立浦和高校戦で147km/hを計測し、15奪三振ノーヒットノーランを達成。決勝で強打の浦和学院を相手に力投したが、0対4で敗れ甲子園出場はならなかった。

サイドスロー気味のスリークォーターのフォームと、剛速球、埼玉の公立高出身という共通点から斎藤雅樹の再来ともいわれ、2006年の高校生ドラフトの目玉として連日報道された。ドラフト会議においては、東京ヤクルトスワローズ西武ライオンズから指名を受けた。抽選の結果、スワローズが交渉権を獲得。外れた西武は木村文和埼玉栄高校)を指名した。木村と増渕は、県内で互いに意識していた存在で、ライバルとして名を挙げたこともある。

指名会見では「ヤクルト自体が好き」と喜びを表した。女手一つで育てた母は、ヤクルトの販売員として働いていた。増渕自身、インタビューでは母への感謝を口にしている。「運命を感じる」とも語っており、プロ入り前からヤクルトと縁のある選手である。また本来高校生が希望球団を口にすることは禁じられているが、ドラフト会議前の取材において、オフレコでスワローズ志望であることを明かしていた事が、指名後に報道されている。

高校時代は投球のほとんどがストレートでありながら、あまり打たれていなかった。球種は左打者用のシンカーと右打者用のスライダーという、外に逃げる球があった。しかし、それ程曲がりの鋭い球種が無く、内角を突ける球も無いため、比較的一本調子になりがちな投球と、制球力が課題であった。

11月11日に推定契約金8000万、年俸800万円で仮契約し、スワローズに入団が決定した。背番号は増渕の生年にちなんだとも言われる、63に決定。仮契約後に五十嵐亮太を目標にあげ、「直球で真っ向勝負」したいと語っている。

地元新聞を通して『ハンカチ世代の雑草魂』と埼玉ファンから祝福された。

プロ入り後[編集]

2007年

期待を受けて一軍キャンプスタートとなった。練習試合では自己最速を上回る152km/hをマークし、着実に成長も見せた。オープン戦でも5試合で防御率1.29と好投し、開幕試合は登録の関係で二軍登録で迎えたものの、高卒ルーキーながら一軍に帯同し、開幕ローテーション入りを果たした。

4月7日広島2回戦に先発し、プロ入り初登板。7回を投げ、打者26人に86球、被安打4(被本塁打1)、奪三振5、与四球1、失点1(自責点1)と素晴らしい投球を披露した。しかし4月15日4月22日と連続してKOされ、早々に二軍降格。ファームでも暴投を記録するなど芳しくない状態で、検査の結果右肩の故障が判明。5月中旬から2週間ほどノースローで調整し、リハビリに時間を費やす事となった[1]

シーズン終盤に再び1軍昇格すると、10月4日の対横浜戦で登板し、8回途中無失点で切り抜けプロ初勝利をあげた。ただこの試合は鈴木健の引退試合だったため、試合後のヒーローインタビューが行われなかった。さらにこの試合でラミレスが右打者でプロ野球史上初のシーズン200本安打を達成したため、翌日のスポーツ新聞でも大きく取り上げられることはなかった。

この年限りで引退した古田からは、ドラフト時に当たり籤を引いたこと、キャンプ時に「プロ投手の心得5カ条」を聞いたことの他、オフの引退時にも「今後も気になる存在」として名前をあげられるなど、何かと縁の多い関係となった。

契約更改では、高津臣吾の背番号22を引き継いだ。

プロ入り前から課題としてあげられていたように、球種と制球に悩まされる一年目となり、オフには多投できるツーシームを習得しようとしている。

2008年

一軍キャンプスタートで、先発投手として期待をかけられた。オープン戦では好調を維持し、3月18日には自己最速タイの152km/hを記録している。初登板の4月2日に一軍登録され、5回3失点と苦しみながらも勝利で飾り、前年に続き開幕からローテーション入りした。

シーズン計11試合に先発し、そこそこの成績を残していたが、5月6日、6月2日に登録を抹消されるなど、一軍定着にはいたらなかった。5月26日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、同期の田中将大との先発での投げ合いになったが、リック・ショートへの頭部死球が危険球と判断され、退場となる憂き目を見ている。7月27日に登録を抹消され、その後故障が判明し一軍に上がることができなかった。9月にはファームで復帰し、9月26日にはイースタン・リーグの優勝試合に登板している。

10月のフェニックス・リーグから、山部太の指導の下それまでのスリークォーターから肘を上げ、オーバースローにフォームを改造している[2]

2009年

ファームでの練習中に打球を顎に当て、骨折。手術を受けることとなった。当初はシーズン中の復帰は絶望的とみられていたが順調に回復をみせ、夏場には2軍での登板ができるまでになった。オーバースローでの投球からスリークォーターに再び戻し、9月2日の阪神戦に先発するも、球速・球威ともに足りず7失点でKOされた。

2010年

140km/hそこそこに落ちてしまった速球も150km/hを記録するまで回復し、その球威を買われ中継ぎとして初の開幕1軍スタートとなった(厳密にはローテーションの関係で開幕に登録されていないだけで、開幕1軍帯同は過去2回している)。開幕からしばらくは主に敗戦処理やロングリリーフで登板し、5月13日のオリックス戦で打ち込まれるまで自責点0(失点3)と好調を維持し続けた。夏頃からは勝ち試合での救援登板も増え、6月にはそれまで勝利の方程式を担っていた押本健彦の不調に伴い、小川淳司監督代行から直々に新・勝利の方程式に指名された。夏場に一時離脱するも、57試合に登板し、チームに欠かせない戦力に成長した。

2011年

先発に再転向。チームが4試合連続白星なしという開幕の中で初登板をして8回無失点の好投を見せて3年ぶりの先発勝利を果たす。その後交流戦で大きく崩れるものの、前半戦で5勝をあげた。12月4日のファン感謝祭のドライチ四兄弟(2005年~2008年の4年間の高卒ドラフト1位選手陣)のトークショーで次男役として出演する際にスパイダーマンのマスクをかぶって出場。ファンから笑いの嵐を浴びた。

2012年

この年は新加入のオーランド・ロマンが序盤から先発ローテーションに定着したこともあり、再び中継ぎに転向。七條祐樹の登録抹消により5月末からローテーションに加わったものの、5試合で1勝3敗と結果を残せず、7月以降は再び中継ぎとなる。最終的に49試合に登板したものの、防御率が5点台に終わるなど振るわなかった。

2014年

シーズン開幕直後の3月31日今浪隆博との交換トレードで北海道日本ハムファイターズに移籍することが両球団から発表され、NPBから公示された[3][4]

プレースタイル[編集]

高校時代や入団直後はサイドスロー気味のスリー・クォーターから繰り出す平均球速約140km/h[5]、最速152km/hのストレートが最大の武器。変化球は、スライダーシンカーツーシームを軸に、稀にカットボールカーブなどを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 ヤクルト 6 5 0 0 0 1 1 0 1 .500 125 29.1 27 6 11 0 3 21 2 0 15 14 4.30 1.30
2008 12 11 0 0 0 3 3 0 0 .500 242 55.1 54 8 22 0 6 25 1 0 27 26 4.23 1.37
2009 1 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 27 5.0 8 1 6 0 0 4 2 0 7 7 12.60 2.80
2010 57 0 0 0 0 2 3 0 20 .400 259 60.1 46 5 36 1 1 50 1 0 22 18 2.69 1.36
2011 27 22 0 0 0 7 11 0 0 .389 575 134.1 140 8 46 0 7 91 2 0 64 63 4.22 1.38
2012 49 5 0 0 0 2 7 0 8 .222 331 73.2 80 6 34 1 2 63 5 0 45 44 5.38 1.55
2013 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 5.1 8 0 3 0 0 3 1 0 5 4 6.75 2.08
通算:7年 157 44 0 0 0 15 26 0 29 .366 1588 363.1 363 34 158 2 19 257 14 0 185 176 4.36 1.43
  • 2013年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 63 (2007年)
  • 22 (2008年 - 2014年途中)
  • 45 (2014年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ 2007年5月18日付け、東京ヤクルトスワローズ公式ホームページ「ファーム情報」による。
  2. ^ 2008年11月14日付け、東京ヤクルトスワローズ公式ホームページによる。
  3. ^ 【31日の公示】日本ハムへトレードの増渕抹消スポニチアネックス(2014年3月31日)
  4. ^ トレード (2014年度シーズン途中・2月以降)日本野球機構(2014年3月31日)
  5. ^ 『2012プロ野球オール写真選手名鑑』 日本スポーツ企画出版社、2012年、97頁。ISBN 978-4-905411-04-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]