増岡浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

増岡 浩(ますおか ひろし、1960年3月13日 - )はダカール・ラリー(通称:パリダカ)で活躍するラリードライバー。日本を代表するダカール・ラリーのドライバーの一人である。

略歴[編集]

埼玉県入間市出身・在住。埼玉県立狭山工業高等学校を卒業。1982年に株式会社ラリーアートに入社。

1979年からオフロードレースに出場し、1987年からダカール・ラリーに参戦している。また、2002年2003年のパリダカでは篠塚建次郎以来日本人2人目の総合優勝を果たした。

パリダカに参戦するために体力を鍛えているため、体力の数値は同世代の平均を上回っている。視力は裸眼で1.5を記録し、動体視力も優れているという。

2009年をもって、三菱自動車工業パリ・ダカールラリーからワークス・チームの撤退を発表したことに伴い、三菱とプロ契約を結んでいた増岡の去就が注目されていたが、結局2010年4月1日付で同社商品戦略本部上級エキスパートとして採用され、三菱自動車の社員となった[1]。現在は同社のi-MiEVを用いたエコラン等のプロモーションを行う「燃費マスター」として活動している[2]2013年12月の異動で広報部と開発本部技術企画部の兼任となった[3]

2012年には3年ぶりにレースに復帰、i-MiEV Evolutionパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦する[4]

過去のパリダカにおける成績[編集]

内容・結果
1987年 パリダカに初参戦・29位
1994年 パジェロエンジン4G63)で参戦・総合4位、市販車改造クラス優勝
1996年 RVR(プロトタイプ)で参戦・総合6位
1997年1998年 チャレンジャーで参戦・2年連続総合4位
2001年 パジェロエボリューションで参戦(しかし、9日間総合1位を死守するも、ジャン=ルイ・シュレッサーらライバルチームのアンフェアな行為と主催者の走行時間の計時ミスにより惜しくも総合2位となる)
2002年 パジェロエボリューションで参戦・総合優勝(自身にとっては念願の初優勝、三菱は総合優勝2連覇を獲得)
2003年 パジェロエボリューションで参戦・2年連続総合優勝(三菱は総合優勝3連覇を獲得)
2004年 パジェロエボリューションで参戦、第8ステージで発生した車の故障などのタイムロスでステファン・ペテランセルに49分24秒差で敗れ、総合2位になった。(三菱は総合優勝4連覇を獲得)

また、第7ステージスタート前には銀行強盗に銃口を突きつけられ、命にかかわるトラブルに巻き込まれた。

2005年 パジェロエボリューションで参戦、1月10日の第10ステージで発生したエンジントラブルでリタイアとなった。
2006年 パジェロエボリューションで参戦、1月3日の第3ステージで着地時の際、車体が一部損傷。短時間での修復が難しかったため、やむざるを得ずリタイアを選択することとなった。
2007年 パジェロエボリューションで参戦。完走したものの、チームのサポートに回り、5位に終わった。
2008年 パジェロエボリューションで参戦予定だったが、モーリタニアの治安悪化のため大会が中止となった。
2009年 レーシングランサーにて参戦。ボルト破損という不運なトラブルにより無念の初日リタイアとなった。

ドライバーとしての他の活動[編集]

  • 三菱自動車工業アウトランダー」 - スペシャルサイト上で公開されているテストドライブの映像にテストドライバーとして出演してるだけでなく、CMでも江口洋介武豊に続いて出演。
  • なお、2003年から2006年にかけて販売された、3代目パジェロ(ロング)の特別仕様車「アクティブフィールドエディション」の歴代モデルは本人が開発に参加し、駆動系を中心にチューニングを行った。

CM[編集]

  • 三菱自動車工業 アウトランダー 『増岡浩 出会い篇』 2006年1月5日から放映開始

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 組織改正および人事異動 - 三菱自動車工業・2010年3月23日
  2. ^ 三菱 i-MiEV エコランのコツとは? 燃費マスター増岡浩氏に訊く - Response・2010年5月19日
  3. ^ 組織改正・人事異動 - 三菱自動車工業・2013年11月26日
  4. ^ ミツビシ、増岡浩を起用しi-MiEVプロトでパイクスピーク挑戦へ - オートスポーツ・2012年3月1日

外部リンク[編集]