墓地、埋葬等に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
墓地、埋葬等に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 墓埋法、埋葬法
法令番号 昭和23年5月31日法律第48号
効力 現行法
種類 環境法
主な内容 墓地、納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等について
関連法令 廃棄物処理法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

墓地、埋葬等に関する法律(ぼち、まいそうとうにかんするほうりつ、昭和23年5月31日法律第48号)とは、墓地納骨堂又は火葬場の管理及び埋葬等が、国民の宗教的感情に適合し、且つ公衆衛生その他公共の福祉の見地から、支障なく行われることを目的として、昭和23年(1948年)に制定された法律である。墓埋法埋葬法とも略される。

これを補う目的で都道府県などが自治体条例を定めており、当該条例では、地域事情に応じて埋葬方法に制限を設けている。東京都などでは、この条例によって土葬が禁じられているため、古い墓を建て直したり移し替えたりする場合、亡骸を焼き直して骨だけにすることもある(死後に火葬処理がされていなかった場合)。

なお、ペット霊園については、墓埋法でも廃棄物処理法でも対応できていないなど、対応が必要な部分も存在する。

構成[編集]

  • 第1章 - 総則(第1条・第2条)
  • 第2章 - 埋葬、火葬及び改葬(第3条〜第9条)
  • 第3章 - 墓地、納骨堂及び火葬場(第10条〜第19条)
  • 第3章の2 - 雑則(第19条の2・第19条の3)
  • 第4章 - 罰則(第20条〜第22条)
  • 附則

関連項目[編集]

外部リンク[編集]