塩川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩川駅
駅舎(2005年5月)
駅舎(2005年5月)
しおかわ - Shiokawa
笈川 (1.9km)
(2.4km) 姥堂
所在地 福島県喜多方市塩川町字石橋851-2[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)*
所属路線 磐越西線
キロ程 75.1km(郡山起点)
電報略号 シオ←シヲ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[2]
乗車人員
-統計年度-
315人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1904年明治37年)1月20日[1]
備考 簡易委託駅
* 定期貨物列車の発着なし。
SLばんえつ物語号(現・SLばんえつ物語)の駅名標(2004年9月)
2番線(2004年9月)
ガラス張りの待合室(2004年9月)

塩川駅(しおかわえき)は、福島県喜多方市塩川町字石橋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)磐越西線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線を有する地上駅である。駅舎に接する1番線(東側)は会津若松方、跨線橋でつながる島式ホーム内側の2番線は新津方面のホームである。島式ホーム外側3番線はかつて貨物列車が使用していたが、現在は貨物の定期入線はなく(後述)、1日1本の下り列車が使用するのみとなっている。また、快速SLばんえつ物語」は上り列車のみ停車する[2]が、これは信号設備の関係で下り列車がホーム有効長の足りない島式ホームにしか入線できないためである。

のりば[編集]

1 磐越西線(上り) 会津若松郡山方面
2 磐越西線(下り) 喜多方野沢新津方面
3 磐越西線(下り) 喜多方方面(1日1本のみ)

喜多方駅管理の簡易委託駅で、POS端末が設置されている。(指定券取扱あり)

駅舎のように建てられている武家屋敷風の建物は塩川ふれあい会館[2]となっており、喜多方市が管理している。1階には切符売り場、待合室、トイレ水洗式)、自動販売機の他、図書コーナーや、市民作品の展示場などが、2階には会議室や集会室がある。本来の塩川駅舎は、塩川ふれあい会館から1番線に出て右手にある、ガラス張りの待合室がこれにあたる[2]

貨物取扱[編集]

現在、JR貨物の駅は車扱貨物の臨時取扱駅となっており、貨物列車の発着は無い。貨物設備は無く、専用線も当駅には接続していない。

かつては、セメントターミナル会津営業所へ至る構内側線が分岐していた。そこへ青海駅発送のセメントを輸送するために、火・水・木曜日(2006年3月当時)に貨物列車が到着していた。

セメントターミナルの側線は機回し設備のない棒線であったため、朝方に青海駅(新潟貨物ターミナル駅)方面より来た列車は当駅で対向列車との上下交換のみを行い、通過していた。そして会津若松駅で当駅行の貨車を一旦切り離して留置し、広田駅を経由した後、再度会津若松駅で塩川方面へ向けて編成を再組成し、塩川駅3番線へ到着していた。そこから塩川駅の喜多方駅方に引き上げたのち、推進運転で棒線状の側線へと入線し、荷役作業を行っていた。荷役後は入線時と逆の手順を辿り、塩川駅3番線より青海へ返却する空車を牽いて出発していた。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は307人である。

乗車人員推移
年度 一日平均乗車人員
2000 324
2001 341
2002 336
2003 321
2004 325
2005 351
2006 338
2007 304
2008 317
2009 317
2010 307
2011 296
2012 307
2013 315

駅周辺[編集]

その他[編集]

塩川駅の駅名標は、当駅以外に会津若松・喜多方両駅のみ停車の列車が多いため、両側の記載が「あいづわかまつ/おいかわ」「きたかた/うばどう」となっている。ただし、ローマ字表記は、会津若松・喜多方のみ記載されている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
磐越西線
快速「あがの」・快速
会津若松駅 - 塩川駅 - 喜多方駅
普通
会津若松駅 - 笈川駅(※) - 塩川駅 - 姥堂駅(※) - 喜多方駅
(※)一部の列車は笈川駅および次駅の堂島駅、姥堂駅および次駅の会津豊川駅に停車しない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d JR東日本:各駅情報(塩川駅)”. 東日本旅客鉄道. 2014年10月23日閲覧。
  2. ^ a b c d 『週刊JR全駅・全車両基地』第50号、朝日新聞出版、2013年8月4日、 24頁、2014年10月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]