塩川悠子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

塩川悠子しおかわ ゆうこ1946年6月1日 - )は、東京生まれのヴァイオリニストである。

5歳からヴァイオリンを学ぶ。1957年、家族でペルーに移住し、Eugen Cremer に師事し、リマ交響楽団と共演してコンサート活動を始めた。1963年からミュンヘンヴィルヘルム・シュトロスに師事し、1968年からザルツブルクシャーンドル・ヴェーグに師事した。 1963年、ラファエル・クーベリック指揮バイエルン放送交響楽団ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、以来、ヨーロッパ、アメリカ、日本、イスラエルの主要オーケストラと共演した。

1965年、デトモルト・アカデミー・コンクールで第1位、メンデルスゾーン・コンクールで金賞を獲得した。

また、主にピアニストである現在の夫シフ・アンドラーシュと室内楽、リサイタルを行っている(最初の夫は比較文学者大久保喬樹)。 1967年、ラファエル・クーベリックから父ヤン・クーベリックの愛器だった1715年製ストラディヴァリウス「エンペラー」の貸与を受け、2000年まで使用していた。

1978年、芸術選奨新人賞受賞。

ディスコグラフィー[編集]

  • バッハ『無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全集』カメラータ・トウキョウ 1991
  • モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ第35番ト長調、第28番ホ短調、「泉のほとりで(ああ,私は恋人を失くした)」による6つの変奏曲ト短調、ヴァイオリン・ソナタ第40番変ロ長調』アンドラーシュ・シフ ユニバーサル ミュージック 1992
  • ハイドン:ピアノ三重奏曲集』アンドラーシュ・シフ、ボリス・ペルガメンシコフ ユニバーサル ミュージック 1995
  • 『モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番ト短調 同第2番変ホ長調』シフ、エーリッヒ・ヘバルト、ミクローシュ・ペレーニ ユニバーサル ミュージック 1995
  • 『ハイドン:ピアノ三重奏曲集』シフ、ペルガメンシコフ共演 ユニバーサル ミュージック 1996
  • 『無伴奏ヴァイオリンのための作品』バルトーク&バッハ カメラータ・トウキョウ 1996
  • 『モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ集』遠山慶子共演 カメラータ・トウキョウ 2003
  • ドヴォルザーク交響曲第7番・ヴァイオリン協奏曲』ラファエル・クーベリック指揮 バイエルン放送交響楽団 キングインターナショナル 2004