塗仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐脇嵩之『百怪図巻』の「ぬりぼとけ」
鳥山石燕画図百鬼夜行』より「塗仏」

塗仏塗佛(ぬりぼとけ)とは、佐脇嵩之の『百怪図巻』、鳥山石燕の『画図百鬼夜行』、などの江戸時代日本妖怪絵巻にある妖怪の一種[1]京極夏彦による小説塗仏の宴 宴の支度』『塗仏の宴 宴の始末』に登場する事でも知られる[1]

体の黒い坊主の妖怪で、両目玉が飛び出して垂れ下がった姿で描かれている。『百怪図巻』では「ぬりぼとけ」とあり、背中に魚の尻尾のようなものが付いているが、『画図百鬼夜行』では尻尾は描かれていない。どの画図にも一切の解説文がないため、どのような妖怪を意図して描かれたものかは想像の域を出ない[1][2]。その容姿から、「仏壇から突然現れ、目を飛び出させて人を脅かす[3]」「仏壇から飛び出して、なまけ者のに襲いかかるなどの説がある[4]

名称の「仏」は仏像菩薩ではなく死体を意味するらしく、ゾンビの一種だ、とする説もある[2]

佐藤有文の著書『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』ではびろーんという名であり、ぶよぶよした体で人の顔や首を撫で、塩を振り掛けると消えるとされている[5]。佐藤は江戸か平安の絵巻に書いてあったと述べているが[5]、これは専門家たちにより佐藤の創作物と指摘されている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 村上健司他編著 『百鬼夜行解体新書』 コーエー2000年、92頁。ISBN 978-4-87719-827-5
  2. ^ a b 造事務所編著 『日本と世界の「幽霊・妖怪」がよくわかる本』 多田克己監修、PHP研究所〈PHP文庫〉、2007年、116頁。ISBN 978-4-569-66887-1
  3. ^ 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 少年社他編、学習研究社〈New sight mook〉、1999年、117頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  4. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、369-370頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  5. ^ a b 京極夏彦他 『妖怪馬鹿』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年、330頁。ISBN 978-4-10-290073-4

関連項目[編集]