塗仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐脇嵩之『百怪図巻』の「ぬりぼとけ」
『十世双六』より「ぬりほとけ」
熊本県八代市の松井文庫所蔵『百鬼夜行絵巻』より「黒坊」
画図百鬼夜行』より「塗仏」

塗仏(ぬりぼとけ)とは、佐脇嵩之の『百怪図巻』などの江戸時代日本妖怪絵巻にある妖怪鳥山石燕の『画図百鬼夜行』にも描かれている[1][2]

概説[編集]

体の黒い坊主の妖怪で、両目玉が飛び出して垂れ下がった姿で描かれている。どの資料にも一切の解説文がないため、どのような妖怪を意図して描かれたものかは不明である。

江戸時代の絵巻物などや絵双六『十界双六』(国立国会図書館所蔵)には「ぬりぼとけ」あるいは「ぬり仏」とあり、長い髪の毛のようなものが背面に描かれている。『百怪図巻』では魚の尻尾のようなものが背面に描かれている例も見られる[2][3]河鍋暁斎『暁斎百鬼画談』(1889年)では名称の表示は無いが絵巻物の「ぬりぼとけ」と同形の、両目玉の飛び出た妖怪が描かれている[4]

百鬼夜行絵巻』(松井文庫所蔵)では、黒坊(くろぼう)という名称で描かれている。絵巻物などや絵双六に描かれている「ぬりぼとけ」らと姿は同じであり、両目玉が飛び出して垂れ下がっている。黒坊は同絵巻に登場する妖怪としては一番先頭に描かれている[5][6]

江戸時代の随筆嬉遊笑覧』に引かれている古法眼元信が描いた「化物絵」に描かれていたとされる妖怪の中には「ぬりほとけ」という名称が確認できる[7]

鳥山石燕『画図百鬼夜行』では仏壇の中から出現している姿が描かれている[1]仏壇が塗仏の絵画に描き添えられているのは石燕の『画図百鬼夜行』のみである。

海坊主[編集]

絵巻物などに見られる既存の妖怪画に詞書を添えて制作されたと考えられる妖怪絵巻『化け物尽し絵巻』(江戸時代,個人蔵・福岡県立美術館寄託)では、「塗仏」を参考にしたと思われる絵が転用され「海坊主」として紹介されている(理由ははっきりしないが同絵巻は登場する全ての妖怪の名が変更されている)。詞書によれば、その海坊主は讃岐国(現在の香川県)志度の浦に出現し、釣り人を食べて骨ばかりにしてしまったが、多くの人々が計略をたててこれを打ち殺した、とある[8]

昭和以後の解説[編集]

昭和・平成以降の妖怪に関する文献では容姿や名称から、仏壇から突然現れ、目を飛び出させて人を脅かす[9][10]、仏壇から飛び出しなまけ者のに襲いかかるなどの説がある[11]。民俗学者・藤沢衛彦は『妖怪画談全集 日本篇』(1929年) に挿絵として掲載した石燕の「塗仏」の絵に、「器物精霊としての塗仏の怪」というキャプションを添えている[12]

作家・佐藤有文の著書『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』(1972年)では、「ぬりぼとけ」の別名であるとして「びろ~ん」という名前で紹介されており、ぶよぶよした体で人の顔や首を撫で、塩をかけると消え去ると解説している[13]。佐藤は後年おこなわれたインタビューにおいて「びろーん」という名称は「江戸か平安の絵巻に書いてあった」と述べているが[14]、この名称は京極夏彦などにより佐藤の創作であると指摘している[2]

塗仏の登場する作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会、1992年、82頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  2. ^ a b c 村上健司他編著 『百鬼夜行解体新書』 コーエー2000年、92頁。ISBN 978-4-87719-827-5
  3. ^ 造事務所編著 『日本と世界の「幽霊・妖怪」がよくわかる本』 多田克己監修、PHP研究所PHP文庫〉、2007年、116頁。ISBN 978-4-569-66887-1
  4. ^ 吉田漱 監修 及川茂, 山口静一 編著 『暁斎の戯画』 東京書籍 1992年 ISBN 4-487-79073-5 151頁
  5. ^ 別冊太陽『日本の妖怪』平凡社 1987年 6頁
  6. ^ たばこと塩の博物館 編『武家の精華 八代・松井家の美術工芸』2002年 105頁 ISBN 4924989193
  7. ^ 多田克己 『妖怪図巻』 京極夏彦・多田克己編著、国書刊行会、2000年、132-133頁。ISBN 978-4-336-04187-6
  8. ^ 『図説 妖怪画の系譜』 兵庫県立歴史博物館,京都国際マンガミュージアム河出書房新社ふくろうの本〉、2009年、53頁。ISBN 978-4-309-76125-1
  9. ^ 水木しげる 『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 講談社(講談社文庫)、2014年、536頁。ISBN 978-4-062-77602-8
  10. ^ 『妖怪の本 異界の闇に蠢く百鬼夜行の伝説』 少年社他編、学習研究社〈New sight mook〉、1999年、117頁。ISBN 978-4-05-602048-9
  11. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、369-370頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  12. ^ 藤沢衛彦 編『妖怪画談全集 日本篇』上 中央美術社 1929年 67頁
  13. ^ 佐藤有文『いちばんくわしい日本妖怪図鑑』立風書房 1972年 176頁
  14. ^ 京極夏彦他 『妖怪馬鹿』 新潮社新潮OH!文庫〉、2001年、330頁。ISBN 978-4-10-290073-4

関連項目[編集]