クンブム・チャンパーリン寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
塔爾寺から転送)
移動: 案内検索
クンブム・チャンパーリン寺(塔爾寺)
Kumbum Monastery
チベット語名
チベット文字 སྐུ་འབུམ་བྱམས་པ་གླིང།
ワイリー sKu-‘bum Byams-pa gling
クンブム・チャンパーリン寺の位置
クンブム・チャンパーリン寺
Location within China
座標: 北緯36度28分53.18秒 東経101度35分57.09秒 / 北緯36.4814389度 東経101.5991917度 / 36.4814389; 101.5991917
寺院情報
所在地 青海省湟中県
創設者 ダライ・ラマ3世
創設 1583
宗教 チベット仏教
宗派 ゲルク派
献納 ツォンカパ
修行僧数 400

クンブム・チャムパーリン寺とは青海省の省都である西寧の郊外の湟中県に位置するチベット仏教寺院である。漢字表記は塔爾寺(とうじ・じ/タールじ)タール寺クンブン寺クンブム寺とも表記。チベット仏教ゲルク派(黄帽派)の寺院で、ゲルク派の開祖ツォンカパの生誕地としても知られる。アムド地方における主要拠点のひとつである。

1360年にツォンカパの生母が立てた仏塔がもとになっているという。1560年にリンチェン・ツォンドゥギェンツェンが再興し、50あまりの末寺をかかえた。また、寺本婉雅が日露戦争のころにここに滞在していた。1958年には3600人以上の僧侶が在籍したが、アムド、内外モンゴル、ユグル族の出身が多かったという。文化大革命後はほぼ僧侶がラプラン寺へ移動してしまった。現在は300人ほどの僧侶が在籍している。

街から見たクンブム
八仏塔

関連項目[編集]

外部リンク[編集]