塀内夏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塀内 夏子
(旧:塀内 真人)
本名 塀内 夏子
生誕 1960年6月30日(54歳)
日本の旗 神奈川県川崎市宮前区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1979年 -
ジャンル 少年漫画
青年漫画
スポーツ漫画
代表作 オフサイド
Jドリーム』など
受賞 別マ少女まんがスクール銀賞(1979年
週刊少年マガジン新人漫画賞入選(1982年11月)
公式サイト なつこの部屋
テンプレートを表示

塀内 夏子(へいうち なつこ、1960年6月30日 - )は、日本漫画家神奈川県川崎市宮前区出身。女性。元ペンネームは、塀内真人(へいうち まさと)。

経歴[編集]

神奈川県川崎市宮前区出身[1]。中学時代はバスケットボール部に、神奈川県立多摩高等学校時代はワンダーフォーゲル部に所属した[2]

高校在学中に本格的に少女漫画を描き始め、処女作の『ボロクズ』が別マ少女まんがスクール銀賞を受賞し、『別冊マーガレット』(集英社1979年2月増刊号に掲載されてデビューした。一方、担当編集と打ち合わせを続けるうちに少女誌的な表現方法やラブコメは不向きであることを認識し漫画を描かなくなった[2]

高校卒業後に武蔵野美術大学に進学するものの中退(塀内本人は学費未納で除籍と言っている)。大学在学中に石垣プロダクションに勤務するが1年ほどで退職[3]

少年漫画を描き始めるようになり山をテーマにした『背負子と足音』が週刊少年マガジン新人漫画賞に入選(1982年11月入選)し、『週刊少年マガジン』(講談社1983年1・2合併号に掲載されて、再デビューをした。

なお、デビュー当初は弟の名前を拝借して「塀内真人」というペンネームを使用していた[4]。『週刊少年マガジン』からも女性が描いた少年漫画では評判が悪くなるということで、そのまま使用していた。『オフサイド』の連載途中、元号平成に変わったのを機にペンネームの使用を止め本名に戻している。ただし、1986年に刊行した短編集『夢千代パラダイス』の著者名には塀内夏子を採用し、カバーを外した表紙には彼女の中学3年生のときの通知表を印刷していた。

以降、『おれたちの頂』(登山)、『フィフティーン・ラブ』(テニス)、『オフサイド』(サッカー)などのスポーツ漫画を多く発表していることから[2]、スポーツ青春漫画の盟主とも評される[5]。また『海よ、おまえは』や『勝利の朝』のような実在の社会問題を題材とした作品も発表している。

2004年からは三国志を題材としながらも戦争の悲惨さと平和の大切さをテーマとした『覇王の剣』を発表したが「虎牢関の戦い」の後に打ち切りとなり[6]2000年代半ば以降は青年誌や女性誌などに発表の場を広げている。

作風[編集]

登場人物の激情的な心理描写[7]、熱血青春ものを得意としており[8]、「スポーツ漫画を描くならスポーツを好きでなくてはならないという信念を持っている」と発言している[9]。一方、スポーツを題材として選んだ経緯については「1980年代当時の人気ジャンルだった「不良もの」「バイクもの」は全く理解できない、「ラブコメ」だけは二度とやりたくない、と消去していくうちにスポーツだけが残された」と語っている[2]

「取材力に定評がある」と評されるが[4]、登場人物のキャラクター作りを最優先している[2]。また競技特有の微妙な身体動作などを良く理解できないまま連載に入るため、後から読み返して赤面することもあるという[2]。こうした点について塀内は「半年も続けば熟れてくる」[2]「サッカーやバレーボールの様に道具を使わない競技は自然な動作をつかみやすいが、野球やテニスはよくわからない」と評している[2]

趣向[編集]

登山
高校時代にワンダーフォーゲル部に所属していた経緯から、少年誌での初掲載は登山を扱った作品となっているが[2]、自ら題材として選んだのではなく当時の編集者から勧められたからだとしている[2]。その後も数本の登山漫画を連載している。
テニス
1980年代の『フィフティーン・ラブ』連載当時は取材のために国外の大会へ訪れるほどだった[4]。当時はチェコスロバキア出身のイワン・レンドルのファンで、1985年に日本で行われた「セイコー・スーパー・テニス」にレンドルが出場した際には取材用パスを使って関係者エリアに入り込み、直接プレゼントを渡したこともある[4]
サッカー
オフサイド』の連載前は特別にサッカー好きだった訳ではなく[10][11]、海外サッカーは1982年トヨタカップ[10]、国内では1983年1月に清水東韮崎が対戦した高校選手権決勝を記憶している程度だった[12]。そのためサッカー漫画の連載にあたっては基礎的なルールを覚えることから始めたという[11]1993年に取材旅行としてカタールを訪れ「ドーハの悲劇」を体験したことが自慢といい、『Jドリーム』ではフィールドプレーヤーの視点から、『松永成立物語』ではゴールキーパーの視点から「ドーハの悲劇」を描いた[2]

トラブル[編集]

海よ、おまえは
『週刊少年マガジン』1984年39号に掲載された読み切り『海よ、おまえは』は石垣島の空港建設(新石垣空港)計画をテーマにし[7][13]、白保地区で民宿を営む両親の下で暮らす建設反対派の少女(中学3年生)が建設推進派の青年技師に命を助けられたことを契機に賛成派に変質する姿を描いた[13]。一方、主人公の少女のモデルを容易に特定できる点や、空港建設が開始されていないにもかかわらず作中において決定事項であるかのように描かれていた点が問題視され[7][13]、建設反対派の「新石垣島空港建設阻止委員会」と「八重山白保の海を守る会」から週刊少年マガジン編集部と塀内に対して公開質問状が送られた[13]
塀内側は「特定の人物をモデルにした事実はない」と主張したが、作品自体は取材に基づいたものだった[13]。また、舞台となった白保地区には民宿は一件しか存在しない点、その家には作品と同様に中学3年生で反対派に属する少女がいた点、実在する民宿の名称をそのまま使用した点などから、モデルが存在することは明らかだった[13]。協議の結果、掲載誌上において謝罪文を掲載、モデルとなった少女および家族に対し謝罪文を送ることで決着した[13]
イカロスの山
モーニング』で連載されていた登山漫画『イカロスの山』第2巻が2006年5月に発売された際、事前に登山用ロープの技術用法に関する事実誤認が指摘されていたにもかかわらず、修正を見落とした状態で出版した[8]。そのため『モーニング』2006年6月22日号において謝罪文と修正箇所を掲載した[8]

作品リスト[編集]

主な連載[編集]

短編・読み切り等[編集]

短編の大半は、『ダイヤモンド芸夢』『夢千代パラダイス』『サーカス★ドリーム』『塀内夏子短編集1』『塀内夏子短編集2』(いずれも単巻)及び、連載作品のコミックスに収められている。『週刊少年マガジン』、『週刊少年マガジン増刊』、『マガジンFRESH』、『マガジンSPECIAL』等で不定期に掲載された漫画家漫画は、『雲の上のドラゴン』(全1巻)として刊行されている。

脚注[編集]

  1. ^ 漫画家・塀内夏子先生がフロンターレを強力サポート!!”. 川崎フロンターレ (2003年6月12日). 2014年5月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 「スポーツマンガ家インタビュー3 塀内夏子」『編集会議』2004年1月号、宣伝会議、50-53頁。
  3. ^ 六神合体ゴッドマーズ』等の作品にクレジットされている。
  4. ^ a b c d 週刊少年マガジン編集部 『少年マガジン・トリビア134』 講談社2008年、128頁。ISBN 978-4063756296
  5. ^ ヤマケイ文庫 おれたちの頂 復刻版”. 山と溪谷社. 2014年5月3日閲覧。
  6. ^ 「お詫び」”. 夏子の部屋 (2005年4月13日). 2014年5月3日閲覧。
  7. ^ a b c 坂 2009、114-115頁
  8. ^ a b c 坂 2009、242-243頁
  9. ^ 塀内夏子 『雲の上のドラゴン―なつこの漫画入門』 講談社2005年、45頁。ISBN 978-4063634808
  10. ^ a b 塀内夏子 『オフサイド』文庫版第1巻、講談社、2000年、365頁。ISBN 978-4062608138
  11. ^ a b 塀内夏子 『オフサイド』文庫版第3巻、講談社、2000年、349頁。ISBN 978-4062608152
  12. ^ 塀内夏子 『オフサイド』文庫版第2巻、講談社、2000年、365頁。ISBN 978-4062608145
  13. ^ a b c d e f g 竹内オサム 『戦後マンガ50年史』 筑摩書房1995年、166-167頁。ISBN 978-4480052018
  14. ^ マンガ新連載 : 「青春少年マガジン -紙の翼-」塀内夏子が描く人気マンガ家誕生秘話”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (2014年2月19日). 2014年5月3日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]