堕ちた天使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堕ちた天使
J・ガイルズ・バンドシングル
収録アルバム フリーズ・フレイム
リリース 1981年
録音 1980年
ジャンル ロック
時間 3分36秒
レーベル EMI
作詞・作曲 セス・ジャストマン
プロデュース セス・ジャストマン
チャート最高順位

1位(アメリカ)/ 3位(イギリス

J・ガイルズ・バンド シングル 年表
ナイト・タイム
(1980)
堕ちた天使
(1981)
フリーズ・フレイム
(1982)
テンプレートを表示

堕ちた天使(おちたてんし、Centerfold)はJ・ガイルズ・バンドのヒット曲。高校の憧れが男性誌の見開きピンナップページに載っていることにショックを受けた少年の物語である。

1981年の秋に発表され、1982年2月にビルボードホット100の1位に輝く。その後6週にわたって1位の座を保ち続け、オーストラリアでも1位になった。アルバム『フリーズ・フレイム』からの最初のシングルカットであり、初期MTVの常連となった。ヴィデオが撮影された学校の上の階には少女向けダンス・スクールがあり、その出身者がヴィデオに出演している。ヴィデオにはMTVのヴィデオジョッキー、マーサ・クインが出演していると長らく思われていたが、ダンサーの一人が彼女によく似ていただけである。

バンドのリード・シンガー、ピーター・ウルフはラジオ番組『イン・ザ・スタジオ・ウィズ・レッドベアード』で「悲しみのエンジェル」が当初のシングルカット候補であったことを明かしている。「悲しみのエンジェル」のヴィデオ撮影中のアメリカEMI社長からの指示により、「堕ちた天使」がシングルカット曲に変更された。

アメリカで1位になった1年後の1983年2月に全英トップ40の3位になり、バンドのイギリスでの唯一のヒット曲となった。

カヴァー・ヴァージョン[編集]

  • ドイツのスピードメタルバンド“タンカード”の1993年のアルバム『ストーン・コールド・ソウバー』でカヴァーされた。
  • スカパンクバンド“アゲンスト・オール・オーソリティ”は“レス・ザン・ジェイク”とのスプリット・シングルで、また“ヘイシード・ディキシー”は2004年のアルバム『レット・ゼア・ビー・ロックグラス』でカヴァーした。
  • イギリスのスカパンクバンド“スパンジ”もアルバム『ザット・シュド・カヴァー・イット!』で、これも2004年にカヴァーした。
  • ドイツのユーロポップグループ“キャプテン・ジャック”もこの曲をカヴァーした。彼らのヴァージョンはゲーム「DDR SuperNOVA」で使用されている。
  • アメリカの俳優/モデルのアダム・オースティンがカヴァーしたヴァージョンは1999年2月にイギリスで小当たりした。