堀川通具

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
堀川通具
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代前期
生誕 承安元年(1171年
死没 嘉禄3年9月2日1227年10月13日
別名 堀川大納言(通称)、久我通具、源通具
官位 正二位大納言
主君 後鳥羽天皇土御門天皇順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 久我家堀川家
父母 父:源通親
母:平教盛平通盛説もあり)の娘
兄弟 通宗通具通光土御門定通中院通方土御門通行
正室:俊成卿女藤原俊成の養女)
具定具実
テンプレートを表示

堀川 通具(ほりかわ みちとも)は、平安時代末期から鎌倉時代前期の人物。公卿、歌人。源通親の次男。堀川家の祖。

業績・評価[編集]

主として後鳥羽院歌壇で活躍した。建仁元年(1201年)には和歌所寄人となり、同別当となる。

新古今和歌集』の撰者の一人にも選ばれるが、父・通親の代理という意味合いが強い。

また「千五百番歌合」などに出詠し、『新古今和歌集』に入集しているが、後鳥羽上皇や親友・藤原定家からの歌人としての評価はあまり高くなかった。

親族・交友関係[編集]

後に妻の俊成卿女とは離別したが、藤原俊成の息子である定家とは親しく交際を続けた。定家は通具の父の通親とは対立していたが、通具死去の報を受けた際、深く悲しんだという。

道元も通具の子であるとする説があるが、道元は異母弟であり、通具はその養父であったという説もある[1]

官歴[2][編集]

  • 文治元年(1185年)、因幡守に任ぜられる。
  • 建久2年(1191年)、従五位上に進む。
  • 建久4年(1193年)、右少将に任ぜられる。正五位下に進む。
  • 正治元年(1199年)、従四位上に進む。
  • 正治2年(1200年)、中将及び蔵人頭に任ぜられる。正四位下に進む。
  • 建仁元年(1201年)、参議に任ぜられる。
  • 建仁2年(1202年)、従三位に進む。備中権守に任ぜられる。
  • 建仁3年(1203年)、正三位に進む。衛門府の督及び使別当に任ぜられる。
  • 元久元年(1204年)、備中権守を辞する。
  • 元久2年(1205年)、権中納言に任ぜられる。
  • 建永元年(1206年)、右衛門督及び使別当を辞する。従二位に進む。
  • 承元2年(1208年)、正二位に進む。踏歌続内弁となる。
  • 承元4年(1210年)、中宮権大夫に任ぜられ、同年、これを辞する。
  • 建暦元年(1211年)、中納言に任ぜられる。
  • 建歴2年(1212年)、権大納言に任ぜられる。
  • 承久3年(1221年)、奨学院別当となる。
  • 貞応元年(1222年)、大納言に任ぜられる。

脚注[編集]

  1. ^ 中尾良信編『孤高の禅師 道元』(吉川弘文館、2003)51頁 ISBN 4-642-07853-3
  2. ^ 野島寿三郎編『公卿人名大辞典』(日外アソシエーツ、1994)905~906頁