埼玉県サッカー選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

埼玉県サッカー選手権大会(さいたまけんサッカーせんしゅけんたいかい)は、埼玉県サッカー協会に登録されているチームのうち第1種(社会人・クラブ・大学)と第2種(高校・専門学校・クラブユース)に登録されている全チームが参加可能なサッカーのオープントーナメントである。

天皇杯全日本サッカー選手権大会の埼玉県予選でもあるが、冠大会であり「彩の国カップ天皇杯埼玉県予選」あるいは単に「彩の国カップ」とも呼ばれている。

概要・沿革[編集]

他のサッカー競技団体(Jリーグ、JFL、大学サッカー連盟など)の組織変更の影響で、天皇杯全日本サッカー選手権大会の出場枠・開催要項が、度重なる変遷を経ているので、その予選の位置づけにある埼玉県サッカー選手権大会の開催要項もそのたびに変更されてきた経緯がある。

主催・主管団体[編集]

出場資格[編集]

  • 日本サッカー協会が定義する登録・加盟チーム種別による第1種(社会人・クラブチーム)・第2種(高校、専門学校チーム・クラブユースチーム)に分類される全チームに参加資格がある。但し、予選方式は各都道府県協会に一任されている。

予選方式の構成[編集]

  • 埼玉県協会に登録の第1種代表チーム、第2種代表チームによる決勝トーナメントで埼玉県代表を決定する。
  • 決勝トーナメント(県代表決定戦)
    彩の国カップ埼玉県社会人1部2部選手権大会
    • 県社会人3部地区リーグ代表
    彩の国カップ埼玉県社会人地区代表トーナメント大会
    彩の国カップ埼玉県大学代表決定戦
    • 県2種・高校チーム
    • 県2種・クラブユースチーム

※第1種チームのうち、JFL関東サッカーリーグ関東大学サッカーリーグ所属チームは、代表決定戦前の各予選を免除され、相当のシード扱いになる。該当チームが無い場合はシードチームなしか、予選直前の成績上位チームをそれに充てる。

試合方式の詳細[編集]

※天皇杯全日本サッカー選手権大会の規定に従う。

  • 試合時間は70分間(決勝、準決勝は90分間)インターバル10分。
  • 決勝戦を除き延長戦は行わず、PK方式により勝敗を決定。
  • 決勝戦は、20分間(前後半各10分)で延長戦をおこない、未決の場合は、PK方式により勝敗を決定。(Vゴール方式は採用しない)

歴代決勝記録[編集]

年度 優勝 スコア 準優勝
1 1996 NTT関東
2 1997 ホンダルミノッソ狭山FC
3 1998 大宮アルディージャ 6-0 浦和レッズユース
4 1999 城西大学 3-0 埼玉教員SC
5 2000 埼玉SC 3v-2 ホンダルミノッソ狭山FC
6 2001 埼玉SC 2(4PK1)2 ホンダルミノッソ狭山FC 
7 2002 埼玉SC 1(5PK4)1 ホンダルミノッソ狭山FC
8 2003 ホンダルミノッソ狭山FC 1v-0 尚美学園大学
9 2004 ホンダルミノッソ狭山FC 1v-0 埼玉SC
10 2005 埼玉SC 1-0 ホンダルミノッソ狭山FC
11 2006 尚美学園大学 3-1 埼玉SC
12 2007 埼玉SC 1-0 大宮アルディージャユース
13 2008 尚美学園大学 2-1 ホンダルミノッソ狭山FC
14 2009 尚美学園大学 1(6PK5)1 城西大学
15 2010 東京国際大学 3-1 平成国際大学
16 2011 平成国際大学 2-1 尚美学園大学
17 2012 平成国際大学 3-2 尚美学園大学
18 2013 東京国際大学 3-0 尚美学園大学
19 2014 さいたまSC 0(4PK3)0 東京国際大学

関連項目[編集]

外部リンク[編集]