基礎解析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基礎解析(きそかいせき)は、1982年(昭和57年)度から施行された高等学校学習指導要領において、数列や指数関数、対数関数及び三角関数について理解させるとともに、整式の微分・積分及びそれらの応用を目的とした数学の科目の一つである。1989年の学習指導要領改訂に伴い、廃止された。学習指導要領に示された内容は次のとおりである。

目標[編集]

数列や指数関数、対数関数及び三角関数について理解させるとともに、微分法・積分法の基礎的な考えを理解させ、簡単な整関数の範囲でそれらを活用する能力を養う[1]

内容[編集]

(1) 数列

ア 簡単な数列
等差数列等比数列など
数学的帰納法
[用語・記号] Σ

(2) 関数

指数関数
対数関数
三角関数
(ア) 一般角と弧度法
(イ) 三角関数とその周期性
(ウ) 三角関数の加法定理
[用語・記号] 累乗根、logax

(3) 関数値の変化

微分係数の意味
イ 導関数とその応用
(ア) 関数の和・差、実数倍の導関数
(イ) 接線、関数値の増減、速度など
(ウ) 積分とその応用
不定積分定積分面積など
[用語・記号] 極限値、lim

内容の取扱い[編集]

(1) 内容の (1) のアについては、等差数列、等比数列の和及び数列{n2}の和を求める程度とする。

(2) 内容の (2) のイについては、対数計算は取り扱わないものとする。

現行課程との関連[編集]

現行課程(2003年度から施行)における「数学II」に大体相当する。ただし、数列はすべて「数学B」の内容として扱われている。また、微分・積分の内容の一部(関数の極限、速度、体積、道のりなど)は「数学III」へと移っている。

脚注[編集]

関連項目[編集]