基本計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基本計画(きほんけいかく)とは、政策や事業における基本的な方針とその内容、プログラム、例えば建築都市の開発、設計の一過程など、基本構想を受けて、当該敷地や地区の立地条件や事業実施のための具体的な課題や条件を整理し、具体的な対応策やアイデアを示し事業コンセプトの確定や代替策の検討、ボリューム検討、諸手続きフローの確認、事業費概算等、事業実施のための青写真を示すことで、具体的な設計の指針とするもの。

マスタープラン (masterplan) とも呼ばれ、建築・都市行政政策において市町村などの自治体が作成する都市計画マスタープランは、住環境基本計画や景観計画など良好な市街地環境形成、維持、保全等を実施するための基本的な方針となる。具体的な空間計画においては、土地利用や施設計画骨格形成、各種規制等の全体指針で、全体を統括する図面や報告書、諸ルールを指し、設計段階ではこれにしたがって詳細な検討を加えていく。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 都市計画ハンドブック、都市計画協会
  • 都市・建築・不動産企画開発マニュアル、エクスナレッジ
  • 都市計画用語事典、都市計画用語研究会 3訂 ぎょうせい 2004年