基本母音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

基本母音(きほんぼいん)とは、イギリスの音声学者ダニエル・ジョーンズによって定められた言語音を記述する基準となる基本的な母音のことである。母音が形成される領域内で最も外側に位置する18の母音が設定された。

有声硬口蓋摩擦音 [ʝ] にならない限界において舌が最も前で最も硬口蓋に近づいて調音される音を [i] とし、その舌の位置のまま口を開いていき、最も口が開いた音 [a] となったら、さらに舌を後ろに引いていき、舌が最も上あごから離れ最も後ろに引かれた音を [ɑ] とした。さらに、その舌の位置のまま口を閉じていき摩擦音がおこらない限界において最も口を閉じた音を [u] とした。この4つと [i] から [a] の間におこる音を3等分して定めた [e][ɛ]、および [ɑ] から [u] へ移行する間に起こる音を3等分して定めた [ɔ][o] の4つを第一次基本母音とした。その順序は [i] から [u] へと移行する順番で定められた。さらにこの8つを円唇化または非円唇化した8つの音と [u] から [i] へと移行する中間に位置する円唇と非円唇の2つ音を第二次基本母音とした。その順序は第一次基本母音に準拠する。

母音
前舌 前舌め 中舌 後舌め 後舌
Blank vowel trapezoid.svg
i • y
ɨ • ʉ
ɯ • u
ɪ • ʏ
• ʊ
e • ø
ɘ • ɵ
ɤ • o
ɛ • œ
ɜ • ɞ
ʌ • ɔ
æ •
a • ɶ
ɑ • ɒ
広めの狭
半狭
中央
半広
狭めの広
記号が二つ並んでいるものは、左が非円唇、右が円唇
国際音声記号 - 子音
No. IPA X-SAMPA 記述
1 [i] [i] 非円唇前舌狭母音
2 [e] [e] 非円唇前舌半狭母音
3 [ɛ] [E] 非円唇前舌半広母音
4 [a] [a] 非円唇前舌広母音
5 [ɑ] [A] 非円唇後舌広母音
6 [ɔ] [O] 円唇後舌半広母音
7 [o] [o] 円唇後舌半狭母音
8 [u] [u] 円唇後舌狭母音
9 [y] [y] 円唇前舌狭母音
10 [ø] [2] 円唇前舌半狭母音
11 [œ] [9] 円唇前舌半広母音
12 [ɶ] [&] 円唇前舌広母音
13 [ɒ] [Q] 円唇後舌広母音
14 [ʌ] [V] 非円唇後舌半広母音
15 [ɤ] [7] 非円唇後舌半狭母音
16 [ɯ] [M] 非円唇後舌狭母音
17 [ɨ] [1] 非円唇中舌狭母音
18 [ʉ] [}] 円唇中舌狭母音