城川原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
城川原駅
工事が進む城川原駅構内
工事が進む城川原駅構内
じょうがわら - Jogawara
越中中島 (1.0km)
(0.4km) 犬島新町
所在地 富山県富山市城川原
所属事業者 富山ライトレール
所属路線 富山港線
キロ程 4.2km(富山駅北起点)
電報略号 セワ(転換前)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1924年(大正13年)7月23日

城川原駅(じょうがわらえき)は、富山県富山市城川原3丁目5番地にある富山ライトレール富山港線

駅構造[編集]

国鉄時代から富山ライトレール移管後も、相対式ホーム2面2線の地上駅である。

1 富山港線 岩瀬浜方面
2 富山港線 富山駅北方面

本社に隣接する西側のホームが下り用1番線、車両基地に隣接する東側が上り用2番線で、ホームの北側に構内踏切が設置されている。いずれもJR時代のホームを撤去して同じ位置に新築された。移管開業に合わせて2番線から駅の南東側につながる通路が整備され、その途中に自転車置き場が設置されている。なお国鉄末期からJR西日本運営時にかけては、線内唯一の行き違い可能駅となっていた。

かつては富山港線の車両基地として富山第一機関区城川原派出所があったが、1985年(昭和60年)3月14日のダイヤ改正に伴い車両が北陸本線と共通化されたため廃止された。しかし富山ライトレールの開業後は、再びこの路線の拠点駅となり、東側には車両基地や変電所が設置され、2線で計4編成を収容できる検修庫も設けられた。

国鉄分割民営化後に無人化された後も、JR時代末期まで1948年(昭和23年)3月築の平屋建て瓦葺の木造駅舎が残っていた。無人化後しばらくは、駅の裏側からホームに直接進入することも可能であったが、一部線路の上を歩くところもあり危険であったことから1998年頃にホームの端に柵が設けられ、ホームへの直接進入はできなくなった。無人化後、駅舎内部には自立式の自動券売機が一台設置され、JR駅としての廃止まで近距離乗車券の購入が可能であった。

JRとしての廃止の直前の2005年(平成17年)7月には駅舎は撤去され、廃止までは仮駅舎での営業を行った。そしてその後当駅の西側に2階建ての本社兼運転管理所が設置され、この1階に定期券やICカード乗車券の販売を行なう待合室が設けられた。

2番線の北側には引上線が分岐しており、ここを折り返すことで車両基地に進入できる配線になっている。そのため2番線は本来上り用だが、入出庫のため下り列車の発着もできるよう場内信号機・出発信号機が設置されている。しかし下り列車が2番線を使用するとホームが左右反対になり、客扱い(運賃の支払い)が困難になる。そのため平日午前中の入庫列車は、手前の越中中島駅で営業を打ち切る。かつて富山第一機関区城川原派出所があった時は、北側の本線を利用して入換作業を行なっていたが、新たに引上線を設けたことで入換作業の際、本線や踏切をふさぐことがなくなった。そのほか1番線の南側には国鉄時代からの側線が残っている。この側線は機関区があった頃、予備車両の留置に使用されており、その後も保守用車の留置に使用されていた。

JR西日本時代末期の駅所在地は、富山県富山市城川原3丁目3番であった。

城川原駅: 北 - 東(車庫) - 南(ホーム) - 西(本社)


駅周辺[編集]

市街地にある駅。住宅なども多い。

2006年(平成18年)3月、城川原駅近く(セーブオン富山城川原店横)の城川原踏切の拡幅工事が行われた。これにより、これまで車1台分の幅しかなかった踏切幅が拡張され歩道も整備された。なおこの城川原踏切から南東に延びる道路は、かつて蓮町駅と富山操車場とを結んでいた貨物線の跡地を利用している。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

富山ライトレール
富山港線
越中中島駅 - 城川原駅 - 犬島新町駅

参考文献[編集]

  • 「ありがとう富山港線、こんにちはポートラム」編集委員会編 『ありがとう富山港線、こんにちはポートラム』 TC出版プロジェクト、2006年、ISBN 4-916181-21-2、32-34頁、61-62頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]