城島光力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
城島正光から転送)
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
城島 光力
じょうじま こうりき
Koriki Jojima.jpg
生年月日 1947年1月1日(67歳)
出生地 日本の旗 福岡県柳川市
出身校 東京大学農学部
前職 味の素中央研究所従業員
所属政党 新進党→)
新党友愛→)
民主党川端グループ
称号 農学士(東京大学・1970年
公式サイト 城島光力 公式ホームページ

日本の旗 第16代 財務大臣
内閣 野田第3次改造内閣
任期 2012年10月1日 - 2012年12月26日

選挙区 神奈川10区
当選回数 1回
任期 2009年9月11日 - 2012年11月16日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 東京13区
当選回数 3回
任期 1996年10月21日 - 2005年8月8日
テンプレートを表示

城島 光力(じょうじま こうりき、1947年1月1日 - )は、日本政治家。本名は城島 正光(じょうじま まさみつ)。

衆議院議員(4期)、民主党国会対策委員長(第17代)、財務大臣第16代)などを歴任した。 

来歴[編集]

福岡県柳川市生まれ[1]ラ・サール高等学校東京大学農学部畜産獣医学科卒業[1]1970年味の素に入社し、同社の中央研究所に勤務する[1]。また味の素労働組合で委員長に就任し、食品産業労働組合協議会議長も務める。[2]。また社会経済生産性本部や現代総合研究集団でそれぞれ評議員を務め[1][2]小沢一郎を講師に招いて勉強会を開催する等、小沢が提唱していた政治改革に共感する姿勢を示していた[3]

1996年第41回衆議院議員総選挙に小沢一郎が党首を務める新進党から出馬し[3]比例東京ブロックで初当選を果たした。1997年、新進党解党に伴い、民間労働組合が中心の全日本労働総同盟が長年支援してきた旧民社党系議員を中心に結成された新党友愛に参加。1998年、新党友愛は民主党に合流する。民主党では労組時代からの繋がりで民社協会に所属した。

2000年第42回衆議院議員総選挙には民主党公認で東京13区から出馬。選挙区では自由民主党鴨下一郎に敗れ落選したものの、比例東京ブロックで復活し再選。2003年第43回衆議院議員総選挙では鴨下を破り、初めて東京13区で当選した(鴨下も比例復活)。しかし、2005年第44回衆議院議員総選挙では鴨下に敗れ、比例復活も叶わず落選した。なお、ここまでの政治活動ではすべて「城島正光」「城島まさみつ」名義で行っていたが、2005年の落選を機に氏名を「城島正光」から「城島光力」に改めて政治活動を行っている[3]

2009年第45回衆議院議員総選挙では神奈川10区に国替えし、自民党の田中和徳4万票近い差を破り返り咲きを果たした(田中も比例復活)。

2010年6月、菅直人執行部で党政策調査会長代理に就任(政策調査会長は玄葉光一郎)。翌2011年9月に発足した野田内閣では入閣も有力視されていたが、輿石東幹事長の下で幹事長代理に起用された。2012年1月、平野博文国会対策委員長の文部科学大臣就任に伴い、後任の民主党国会対策委員長に就任した。

同年9月、国対委員長を退任(後任は山井和則)。2012年10月1日に発足した野田第3次改造内閣財務大臣に任命され、初入閣を果たした。

同年12月16日執行の第46回衆議院議員総選挙において神奈川10区から出馬したが、田中に前回とは逆に4万票以上の差をつけられ小選挙区で落選し比例復活もならずに議席を失った[4]

政策・主張[編集]

通商・経済[編集]

環太平洋戦略的経済連携協定
環太平洋戦略的経済連携協定への日本の参加について、肯定的な立場をとる。農林水産省の職員らが環太平洋戦略的経済連携協定による農業への悪影響を具体的に主張したところ、「そんな暇があったら農業の競争力強化策を考えろ」[3]と反論した。

社会保障・労働[編集]

年金未納問題
2004年 厚生労働委員会年金改革の審議の際、当時の現職大臣(福田康夫内閣官房長官中川昭一経済産業大臣、肩書はいずれも当時)などの年金未納問題を指摘し大きく取り上げられる。
労働者派遣法
労働者派遣法改正には当時の民主党・次の内閣:雇用担当大臣として反対をした。労働者派遣法改正については、オリックス宮内義彦、および、ザ・アール奥谷禮子と強硬に対決。人材派遣業の規制緩和路線や、奥谷の「格差論は甘えです」、「(過労死は)自己管理の問題」、「(派遣切り被害者は)貯蓄をせずに自己防衛がなっていない」などの発言に代表される思想に強く反発している。ことの顛末は、サンデー毎日で「民主党議員を激怒させた高圧的文言」という題名にて報道された。宮内から城島への抗議文(上記の「高圧的文書」)については、城島が質問主意書を提出[5][6]。衆議院の厚生労働委員会は宮内と奥谷禮子の一連の行動について、「議会制民主主義の基本的なルールを踏みにじるかつてない暴論である」との見解を正式に決定した。ちなみに当時の厚生労働大臣公明党坂口力
労働契約法
経営者が社員を一方的に解雇できるとした労働基準法改正についても同様に徹底して反対し、委員会での論戦を通して最終的に政府案を撤回させ、城島が提案した法案を成立させた。現在の労働契約法第16条がそれである。

国会審議[編集]

鈴木宗男事件
2002年には鈴木宗男事件において自民党の予算委員として証人喚問における「島田建設からの金銭供与は政治資金規正法に基づいている」「モザンビーク共和国洪水災害への国際緊急援助隊の派遣に反対や異議を述べることはあり得ない」「島田建設株式会社側による秘書給与の肩代わりの事実関係を承知していない」との鈴木宗男の証言を偽証として議院証言法違反での告発に賛成している。

「市民の党」への献金[編集]

2011年4月に行われた第17回統一地方選挙三鷹市議選に、よど号ハイジャック事件を起こしたよど号グループの元リーダー田宮高麿と、石岡亨松木薫を欧州から北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で国際手配を受けている森順子容疑者の長男森大志が立候補したが、2007年11月に、この森が所属する政治団体「市民の党」(東京、酒井剛代表)へ、100万円を城島正光名義で個人献金していたことが政治資金収支報告書により明らかになった。当時は2005年の衆院選で落選していたため献金者の職業欄は無職となっており、住所欄は城島の川崎市の事務所の住所を使っていた[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「略歴」『城島光力 公式ホームページ』。
  2. ^ a b 「国民ひとりひとりが主人公となる社会の実現」『民主党:議員プロフィール 詳細 Who's Who』。
  3. ^ a b c d 「成長戦略――城島氏と平野氏――TPP党と官邸の間で――『小沢色』消して調整」『日本経済新聞』44879号、14版、日本経済新聞社2011年1月8日、2面。
  4. ^ 城島光力財務相が落選 神奈川10区 日本経済新聞 2012年12月17日
  5. ^ 総合規制改革会議議長より、衆議院議員・城島正光の委員会質問について出された文書に関する質問主意書 提出者城島正光、平成十五年七月二十五日提出、質問第一四二号、衆議院、第156回国会
  6. ^ 衆議院議員城島正光君提出総合規制改革会議議長より、衆議院議員・城島正光の委員会質問について出された文書に関する質問に対する答弁書 内閣総理大臣小泉純一郎、平成十五年八月二十六日受領、答弁第一四二号、衆議院、第156回国会
  7. ^ 市民の党に100万円個人献金 城島・民主政調会長代理が平成19年 産経新聞、2011年8月9日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
安住淳
日本の旗 財務大臣
第16代:2012年
次代:
麻生太郎
党職
先代:
平野博文
民主党国会対策委員長
第17代:2012年
次代:
山井和則
その他の役職
先代:
安住淳
政府税制調査会会長
第12代:2012年
次代:
中里実