城子崖遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
城子崖遺址博物館

城子崖遺跡(じょうしがいいせき)は、中国新石器時代龍山文化の代表的な遺跡。山東省済南市に属する章丘市龍山鎮の武原河畔の「城子崖」と呼ばれる長方形の高地上に位置する。

1928年、考古学者の呉金鼎が城子崖で新石器時代後期の遺跡を発見した。1930年から1931年にかけて1度目の発掘をおこない、その地の名称から龍山文化と命名された。1961年、遺跡は中国国務院により第1回全国重点文物保護単位に指定された。1990年、山東省文物考古研究所が2度目の発掘をおこない、遺跡に3期に分けられる文化層のあることが発見された。