坊門清忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
坊門清忠
時代 鎌倉時代後期 - 南北朝時代初期
生誕 弘安6年(1283年)?
死没 延元3年/暦応元年3月21日
1338年4月11日
別名 坊門宰相(通称)
官位 参議従二位
主君 後醍醐天皇
氏族 藤原北家道隆流坊門家
父母 父:坊門俊輔
兄弟 輔能、俊親清忠
重隆、親忠、女子?
テンプレートを表示

坊門 清忠(ぼうもん きよただ)は、鎌倉時代から南北朝時代初期にかけての公卿従三位坊門基輔の孫にして、左中将坊門俊輔の子。後醍醐天皇の古参の側近として建武政権下で活躍し、南北朝分立後は南朝に仕えた。


経歴[編集]

前半生の官歴は明らかでないものの、嘉元3年(1305年)9月亀山法皇崩御に際して尊治親王(後の後醍醐天皇)らとともに哀傷歌を詠進していることから[1]、この頃には既に後醍醐の近臣として仕えていたと考えられる。後醍醐親政下の正中3年(1326年)2月右大弁に達し、翌嘉暦2年(1327年)7月従三位に叙されて公卿に列した。次いで同3年(1328年参議に任じられて左京大夫を兼ねる。元徳3年(1331年)1月には参議を辞しているが、後醍醐に供奉して笠置へ赴いた形跡はない。

元弘3年/正慶2年(1333年光厳天皇の廃位によって還任し、建武政権下の建武元年(1334年)には信濃権守・大蔵卿を兼ね、従二位に昇叙した他、雑訴決断所の二番衆(東海道担当)を務めている。『太平記』によると、建武2年(1335年)鎌倉の足利尊氏と京の新田義貞との抗争が表面化し、互いに相手方討伐の綸旨を要求すると、清忠は結論を控えつつも義貞の言い分に理があると主張し[2]、翌延元元年/建武3年(1336年)5月九州より東上した尊氏を迎え討つ際に、天皇の比叡山臨幸を献策した楠木正成に対し、清忠は「義貞が一戦も交えぬまま、帝が年に二度まで京を捨てるとは、帝位を軽んじ官軍の面目を失わせるもの」との大義名分論を振りかざして反対したという[3]。その結果、正成は湊川の戦いで戦死し、後醍醐は比叡山遷幸を余儀なくされたため、近世、正成(楠公)崇拝の気風が高まる中では、清忠は忠臣楠公を死地に追いやった佞臣として筆誅が加えられることとなった[4]。尊氏の京都奪回に伴い、12月に後醍醐は吉野に潜幸して南朝(吉野朝廷)を樹立したが、延元2年/建武4年(1337年)3月頃に清忠はこれを追って吉野入りし、南朝政権の一角を占めたようである。1年を経た延元3年/建武5年(1338年3月21日薨去した。享年56という[5]

新葉和歌集』には、後醍醐が清忠らの死を悼んだ次の御製がある。「こととはむ人さへまれに成にけり我が世のすゑの程ぞしらるる」(哀傷・1376)。

和歌は『続千載和歌集』に1首、『新葉和歌集』に2首が入集した他、『拾遺現藻和歌集』・『臨永和歌集』・『松花和歌集』などの私撰集にも入集がある。

略譜[編集]

※ 日付=旧暦

和暦 西暦 月日 事柄
弘安6年? 1283年 生誕。
正中元年 1324年 10月29日 右中弁に任官。時に正四位下[6]
正中2年 1325年 12月18日 左中弁に転任[6]
嘉暦元年 1326年 2月19日 右大弁に転任。
嘉暦2年 1327年 1月5日 正四位上に昇叙。
7月16日 従三位に昇叙。
閏9月20日 興福寺長官に補任。
嘉暦3年 1328年 3月16日 参議に補任。
9月23日 左京大夫を兼任。
元徳元年 1329年 1月13日 周防権守を兼任。
2月12日 周防権守・右大弁を辞職。正三位に昇叙。
元徳2年 1330年 11月7日 還任。
元弘元年/元徳3年 1331年 1月13日 再び辞職。
元弘3年/正慶2年 1333年 6月12日 再び還任し、右大弁を兼任。
9月23日 興福寺長官に補任。
建武元年 1334年 1月13日 信濃権守を兼任。
9月4日 大蔵卿を兼任。
9月28日 従二位に昇叙。
12月17日 大蔵卿を停任。
延元2年/建武4年 1337年 1月7日 左大弁に遷任(北朝)。
3月29日 辞職。南朝(吉野朝廷)へ参候したか。
延元3年/暦応元年 1338年 3月21日 吉野行宮薨去。享年56か[5]

脚注[編集]

  1. ^ 増鏡』巻11「さしぐし」
  2. ^ 太平記』巻14「新田足利確執奏状事」
  3. ^ 『太平記』巻16「正成下向兵庫事」
  4. ^ 安積澹泊の『大日本史』論賛は、清忠について、「一言斃良将、国事不為。孔子利口之覆邦家、正為此輩也」と厳しく非難している。
  5. ^ a b 『新葉集作者部類』に「補任云暦応元年南朝用延元三三月廿一日於吉野離宮卒五十六歳云々」とあるが、現行の『公卿補任』には年齢の記載はない。
  6. ^ a b 弁官補任

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 文民統制 - 正成(武官)の献策を否定した清忠(文官)の発言が、文民統制失敗の故事として取り上げられることがある。