坂本博之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坂本 博之
基本情報
本名 坂本 博之
通称 不動心、平成のKOキング
階級 ライト級スーパーライト級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 1970年12月30日(43歳)
出身地 福岡県田川市[文献 1]
スタイル 右ファイター
プロボクシング戦績
総試合数 47
勝ち 39
KO勝ち 29
敗け 7
引き分け 1
テンプレートを表示

坂本 博之(さかもと ひろゆき、1970年12月30日 - )は、日本の元プロボクサー福岡県田川市出身[文献 1]。パワーのあるパンチで、「平成のKOキング」「和製デュラン」とも呼ばれた。日本ならびに東洋太平洋ライト級王座を獲得。世界ランキングは最高でWBCライト級1位。

人物[編集]

幼少時に両親が離婚。親類に預けられたがそこでの生活は極貧を極め、弟と一緒にザリガニを捕まえ食したこともあると語っている。その後預けられた福岡市東区の養護施設『和白青松園』のテレビでボクシングの試合を見たことがきっかけで、プロボクサーを志すようになる。

クラシック音楽が好きで、現役時代は自身の入場曲にもクラシック音楽を使っていた。主な入場曲はドヴォルザーク交響曲第9番ホ短調「新世界より」第4楽章

プロボクサー歴[編集]

小松原高等学校卒業と同時に上京、名伯楽・勝又行雄にその才能を認められ、勝又ジム認可後同ジム所属となり、OPBF王座獲得まで同ジムで活躍したが、その後角海老宝石ジムに移籍した。

1991年12月14日、プロデビュー戦で初回KO勝ち。

1992年12月18日に東日本ライト級新人王、翌1993年2月20日には、全日本同級新人王に輝き、全日本新人王決定戦MVPにも輝いた。

同年12月13日、12戦全勝(10KO)の戦績を引っ提げ、日本王座初挑戦。日本ライト級王者リック吉村(石川ジム/米国出身)に挑み、9回TKO勝ち。王座獲得に成功し、翌1994年2月5日には初防衛に成功。

同年8月6日、1階級上の日本ジュニアウェルター級(現・スーパーライト級)王者桑田弘(進光ジム)とノンタイトル戦を戦い、10回TKO勝ち。この試合後、日本ライト級王座を返上。

1995年5月6日、元WBA世界ジュニアウェルター級王者ファン・マルチン・コッジアルゼンチン)とノンタイトル戦を戦うも、10回判定負け。プロ初黒星を喫した。

1996年3月3日、OPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦に出場。ロジャー・ボリロス(フィリピン)を11回TKOに降し、王座獲得に成功。その後、2度防衛成功後、王座返上。

1997年7月26日、29戦目で世界初挑戦。WBC世界ライト級王者スティーブ・ジョンストン(米国)に挑んだが、12回判定で敗れ王座獲得ならず[文献 2]

1998年8月23日、世界再挑戦。6月にジョンストンを破りWBC世界ライト級王座を獲得したセサール・バサンメキシコ)に挑むが、またしても12回判定負けで王座獲得ならず[文献 3]

2000年3月12日、3度目の世界挑戦。WBA世界ライト級王者ヒルベルト・セラノベネズエラ)に挑む。初回、王者から2度のダウンを奪うも、2回に王者の左アッパーを受け右目を負傷。迎えた5回、傷がさらに深くなったところで4度目のドクターチェックが入り、ここで試合ストップ。TKO負けとなり、またしても王座獲得ならず[文献 4]

同年10月11日、4度目の世界王座挑戦。6月にセラノを降して、WBA世界ライト級王座を獲得、日本人4人目の世界2階級制覇を達成した畑山隆則横浜光ジム)に挑む。初回から一進一退の激しい攻防戦を繰り広げるが、迎えた10回、王者の連打を浴びたところでダウン。セコンドからタオルが投入され、4度目の挑戦も失敗に終わった[文献 5]。なお、この試合は後に同年の年間最高試合に選ばれた。

2001年は1試合も行わず。

2002年10月5日、東洋太平洋2階級制覇を目指し、OPBF東洋太平洋スーパーライト級王者佐竹政一に挑戦するも、最終12回KO負けを喫し、王座獲得ならず。その後、首・腰痛の治療を行うために長期間の休養。

2005年5月12日、佐竹戦以来2年7か月ぶりの復帰戦を行うも、5回TKO負け。その後は2006年に2試合を行い、いずれもKO勝ち。

持病の腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)と年齢的な衰えを感じる中、「もう一度日本チャンピオンになったら引退しよう」と決意。しかし、復帰後日のスパーリングの後、「若手相手に体力負けしているのを感じた。もう自分には、畑山戦の時のような常に前に出るボクシングはできないし、日本タイトルに挑戦するだけの練習をする体力も残っていない」と会長に告げ、引退を決意した(参考:ボクシング・マガジン2006年2月号)。

2007年1月6日、プロボクサーとして最後となる、タイライト級1位カノーンスック・シットジャープライとの試合に臨む。結果は7回終了負傷判定で引き分け。

同年7月28日、生まれ故郷・福岡福岡国際ホールにて引退式が行われた。その後、11月17日には後楽園ホール引退記念興行が行われた。

2010年8月8日、東京都荒川区SRSボクシングジムを開いた[1][2]。マネージャーは第28代日本スーパーバンタム級王者で元同門の中島吉謙が務めている。

獲得タイトル[編集]

  • 第49代東日本ライト級新人王
  • 第39代全日本ライト級新人王
  • 第44代日本ライト級王座
  • 第30代OPBF東洋太平洋ライト級王座

著書[編集]

  • 不動心
  • ちくしょう魂(こん)
  • 僕は運命を信じない

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • ボクシング・マガジン編集部 『日本プロボクシング史 世界タイトルマッチで見る50年』 ベースボール・マガジン社、2002年
  1. ^ a b 295頁下段
  2. ^ 245頁下段
  3. ^ 246頁上段
  4. ^ 246頁下段
  5. ^ 247頁下段

関連項目[編集]

外部リンク[編集]