坂井直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

坂井 直樹(さかい なおき、1947年 - )はコンセプター京都市出身。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス教授。

概要・来歴[編集]

京都市立芸術大学入学後、渡米。サンフランシスコでTattoo Companyを設立刺青プリントTシャツ販売。帰国後はテキスタイルデザイナーとして活躍後、1987年日産自動車から販売された「Be-1」のコンセプト企画でヒットを出し、その後は国内外の製品開発に携わる。

また、KDDI移動体通信携帯電話)ブランドである au の外部デザインディレクターを務めている。[1]

経歴[編集]

  • 1947年 - 京都府京都市生まれ
  • 1966年 - 京都市立芸術大学入学後、渡米
  • 1968年 - サンフランシスコでTattooCompanyを設立
  • 1969年 - ヒッピーたちとTattooT-shirt(刺青プリント Tシャツ)を売り、大当たりする
  • 1973年 - 帰国後、ウォータースタジオ社設立
  • 1987年 - 日産・Be-1が発売される。
  • 2001年 - インターネット・マーケティングを行うブランドデータバンク株式会社を設立
  • 2004年 - waterdesignscope社を設立
  • 2005年 - au design projectからコンセプトモデル「MACHINA」と「HEXAGON」の2機種を発表
  • 2006年 - au design projectからコンセプトモデル3機種「CYPRES/VOLS/KAOS」を発表。KDDIの社外デザインプロデューサーに就任
  • 2008年 - 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス教授に就任
  • 2010年 - waterdesignscope社を株式会社waterdesignに社名変更

作品[編集]

  • 日産自動車
  • オリンパス
    • 「o-product」(1988年)
    • 「Ecru」(1991年)
  • セイコー 「アスタリスク」(1988年)
  • サントリー 「ジアス」(1990年)
  • 雪印乳業 「アトリエ・コフレ」(1990年)
  • カネボウ化粧品 「デナリ」(1990年)
  • 沢の鶴 「玉兎」(1991年)
  • シャープ 「Hi8 TWINCAM VL-HX1-S」(1992年)
  • スズキ 「SW-1」(1992年)
  • KDDIおよび沖縄セルラー電話au携帯電話 (au design project)
  • カッシーナ「BOOMERANG」(2000年)
  • 大塚国際美術館ロゴマーク(2006年)
  • 日本コカコーラ「ジョージアノベルティ・ワンセグテレビ」(2006年)
  • 東京ガス「ピピッとコンロ」(2006年)
  • アルフレックス「AUN(あうん)」(2006年)
  • 東レ「トレビーノアクアマイスター」(2007年)

等、多数のデザインコンセプトを手がける。

著書[編集]

(英治出版 2002年6月)

  • 自分探しのブランドブック (かんき出版 2001年12月)
  • 創業人のススメ (徳間文庫 1997年2月)
  • 大世紀末コンセプト・ノート (東急エージェンシー出版部 1996年3月)
  • 未来からのモノづくり (かんき出版 1995年10月)
  • 恋愛品態マーケティング論 (かんき出版 1992年9月)
  • 魅力創造のレシピ(北山孝雄との共著) (史輝出版 1991年12月)
  • コンセプトメーキング私の方法 (産能大学出版部 1991年4月)
  • コンセプト気分の時代 (かんき出版 1990年4月)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]