坂井泉水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
坂井 泉水
基本情報
出生名 蒲池 幸子(かまち さちこ)
出生 1967年2月6日
日本の旗 日本 神奈川県平塚市
死没 2007年5月27日(満40歳没)
血液型 A型
学歴 松蔭女子短期大学
ジャンル J-Pop
職業 歌手
作詞家
担当楽器 ボーカル
活動期間 2003年 - 2007年
事務所 スターダストプロモーション
泉水 (SENSUI)
公式サイト http://wezard.net/

坂井 泉水(さかい いずみ、1967年2月6日 - 2007年5月27日)は、日本女性歌手作詞家WEZARDボーカリスト。本名は蒲池 幸子(かまち さちこ)。 ビーイングの関連会社「泉水(SENSUI)」に所属した。またWEZARDとしてビーインググループのレコード会社「J-Disc Being」に所属。スリーサイズはB85・W59・H87。歌手としての活動や作品などはZARDの記事を参照。

人物[編集]

両親・弟妹の5人家族。20代前半まではモデルレースクイーンとして活動していたが、歌手になるという強い希望を持ち続け、1991年2月、音楽グループ「ZARD」のボーカルとして歌手デビューを果たす。90年代を代表する女性歌手として、多くのヒット曲を生み出した。6thシングル負けないで」で大ブレイクして以降、メディア露出やライブ活動を全くしなかった。生涯を通し、数回のテレビラジオへの出演以外はほとんどマスメディアに登場せず、ライブも殆ど行わなかった。

経歴[編集]

デビュー以前[編集]

1967年昭和42年)に神奈川県平塚市に生まれ[1][2]、同市および同県秦野市(小学校4年より)で育つ。秦野市立西小学校、秦野市立西中学校、神奈川県立伊志田高等学校卒業。中学時代は陸上部で活動をする傍ら、ギタークラブでも活動していた。高校時代は硬式テニス部に所属。松蔭女子短期大学(現松蔭大学)を卒業後、不動産会社第一不動産にてOLとして約2年間勤務した。

モデル時代[編集]

歌手として[編集]

闘病生活[編集]

死去とその後[編集]

作曲作品[編集]

以下は坂井の作曲作品である。全てZARDの曲として坂井本人が歌っている。

ZARD以外の音楽活動[編集]

ZARDとして活躍する一方、同じビーイング系のアーティストのバックコーラスに参加したり、作詞家として多くのアーティストに詞を提供している。活動範囲はJ-POPに限らず、テレサ・テンや森進一などの大物歌手へ作詞を提供するなど、ジャンルの違う歌手との異色のコラボレーションも行なった。

すべてのZARDの楽曲の作詞をしたと思われがちだが、「君がいない」は栗林誠一郎の詞に手を加えたもので、アルバム「Good-bye My Loneliness」に収録された中の2曲は、川島だりあの作詞である(この2曲は作詞に一切関わっていない)(→詳細はZARD#作詞・作曲・編曲のクレジット参照)。

作詞作品[編集]

(※「果てしない夢を」、「さらば青春の影よ」、「蜃気楼」以外はすべてZARDとしてセルフカバーしている。「さらば~」は坂井の死後に仮歌版がBOXの特典として商品化されている)

レコーディング参加[編集]

  • DEEN:「翼を広げて」(コーラス)
  • FIELD OF VIEW:「君がいたから」(コーラス)
  • WANDS:「Brand New Love」(ボイス)
  • Barbier:「クリスマスタイム」、「あなたに帰りたい」、「LOVE〜眠れずに君の横顔ずっと見ていた〜」、「I still remember」(ゲストボーカル)

脚注[編集]

  1. ^ グループfuture『ZARD&坂井泉水プロファイリング』アートブック本の森 2000年8月) ISBN 4876935505
  2. ^ グループfuture 『ZARD&坂井泉水ストーリー』飛天出版 1999年8月 ISBN 4894401487
  3. ^ 大黒摩季は「負けないで」「君がいない」「揺れる想い」などの曲にコーラスで参加している。6月26日に催され関係者だけが参加した音楽葬で人目をはばからず号泣した。
  4. ^ "ZARDベスト盤がオリコン3位に…史上初300位圏外から急上昇" サンケイスポーツ: 2007-6-5. 2007年6月5日閲覧.
  5. ^ 坂井泉水さんの急死、韓国メディアも一斉に報道 - 朝鮮日報
  6. ^ 日歌手坂井泉水 墜樓梯身亡 - 民視
  7. ^ 『ZARD-坂井泉水さんを偲ぶ会』に織田哲郎、大黒摩希ら「残念」 ニュース-ORICON STYLE-
  8. ^ 長嶋茂雄名誉監督、B'z、倉木らが、坂井さんに追悼コメント ニュース-ORICON STYLE-
  9. ^ 坂井さんを偲び、最後は3500人が「負けないで」を大合唱”. Oricon Style (2007年6月28日). 2007年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]