地獄少女 閻魔あいセレクション 激こわストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地獄少女 > 地獄少女 (漫画) > 地獄少女 閻魔あいセレクション 激こわストーリー
地獄少女 閻魔あいセレクション
激こわストーリー
ジャンル ホラーアンソロジー
漫画
原作・原案など 地獄少女プロジェクト
作画 永遠幸、他
出版社 講談社
レーベル 講談社コミックスなかよし
発表期間 2007年7月 - 2012年4月
巻数 全13集
テンプレート - ノート
ウィキプロジェクト 漫画
ポータル 漫画

地獄少女 閻魔あいセレクション 激こわストーリー』(じごくしょうじょ えんまあいセレクション げきこわストーリー)は、2007年から2012年まで講談社より刊行されたアンソロジーコミック形式のホラー漫画集。全13集が刊行された[1]

概要[編集]

テレビアニメ地獄少女』を原作とする永遠幸漫画化作品『地獄少女』シリーズとのタイアップという形で刊行された。2007年7月に『地獄少女』第1シリーズ(全9巻)の5巻と同時発売された『地獄少女 閻魔あいセレクション 激こわストーリー』が第1集に当たり、第3集『激こわストーリー・暗』までは不定期で刊行されていたが、2009年7月に漫画化作品の第2シリーズ『新・地獄少女』(全3巻)の2巻と同時発売された第4集『激こわストーリー・罪』以降は『新・地獄少女』、また漫画オリジナルの第3シリーズ『地獄少女R(リターンズ)』の単行本発売と同時に本アンソロジー集も発売されるのが慣例となっていた。

各巻とも、漫画『地獄少女』シリーズの連載版より1話を収録している他、閻魔あいたちが紹介役となり[2]、複数の作家による読者投稿を元にした描き下ろしの短編を収録している。描き下ろし短編は「地獄通信」以外の都市伝説を紹介するという形で、内容的には『地獄少女』本編との直接の繋がりはない。

2012年4月刊の第13集『激こわストーリー・闇』を以て完結し、同年8月以降は後継アンソロジーの『本当にヤバイ ホラーストーリー』へ企画コンセプトが継承されている。『ホラーストーリー』はタイトルに『地獄少女』を冠しなくなったが『地獄少女』の連載版より1話を収録するスタイルは『激こわストーリー』からそのまま引き継がれている。

各巻[編集]

価格は第5集『激こわストーリー・絶』までが420円(消費税込)、第6集『激こわストーリー・黒』以降は440円(同)。

激こわストーリー[編集]

第1集。『地獄少女』5巻と同時発売された。

収録作品

激こわストーリー・恐[編集]

第2集。『地獄少女』8巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「明るいクラスメイト」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2008年4月号掲載
  • ビデオカメラ -旧校舎の怪-(原明日美
  • 未来チャンネル(桃雪琴梨
  • 呪われたネックレス(栗沢じゅん
  • 消えていく…(三浦瑞希
  • かくれんぼ(秋本葉子

激こわストーリー・暗[編集]

第3集。『地獄少女』9巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女「アイドルの彼女」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2008年2月号掲載
  • 忘れ手帳(佐藤みなみ
  • 青い蝶(柏木志保
  • 血まみれの女性(菊井風見子
  • ドンドンドン(水上航
  • 本当になった夢(幸凪優

激こわストーリー・罪[編集]

第4集。『新・地獄少女』2巻と同時発売された。

収録作品

激こわストーリー・絶[編集]

第5集。『新・地獄少女』3巻と同時発売された。

収録作品

激こわストーリー・黒[編集]

第6集。『地獄少女R』1巻と同時発売された。

収録作品

激こわストーリー・悪[編集]

第7集。『地獄少女R』2巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「波間の悪意」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2010年7月号掲載[4]
  • 赤い世界(菊田みちよ
  • 鳴るはずのない歌(進藤はるか
  • 屋根裏(とぐさ壱耶)
  • すいこまれる…(桜倉メグ
  • みみ(茶匡

激こわストーリー・毒[編集]

第8集。『地獄少女R』3巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「先輩の応援」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2010年5月号掲載[4]
  • 不幸の手紙(原明日美)
  • ずっといっしょ(小鷹ナヲ)
  • ふしぎな鏡(佐藤みなみ)
  • よく見えるメガネ(みつき成流
  • 願いをかなえる蝶の池(瑞樹しずか

激こわストーリー・苦[編集]

第9集。『地獄少女R』4巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「絶望の教室」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 増刊『なかよしラブリー』2010年冬の号掲載[4]
  • コインランドリー(ハタノヒヨコ)
  • 死んだ人(カンナ
  • だれだぁ(白沢まりも)
  • 洋服屋さん(秋本葉子)
  • ネコ(栗沢じゅん)

激こわストーリー・影[編集]

第10集。『地獄少女R』5巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「なかよしこよし」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 増刊『なかよしラブリー』2011年春の号掲載[4]
  • 赤い黒ウサギ(茶匡)
  • テレビの中の女の子(美麻りん)
  • しんちゃん(高上優里子
  • 花少女(水上航)
  • 赤いちゃんちゃんこ(三浦瑞希
  • ゲームソフト(大塚さとみ

激こわストーリー・幽[編集]

第11集。『地獄少女R』6巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「はかない希望」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2011年4月号掲載[4]
  • 4色のガラス玉(菊田みちよ)
  • ネイルショップ(立樹まや
  • 道案内(瀬田ハルヒ)
  • 双子(渡辺留衣)
  • 夢幻病棟(木ノ下奈央

激こわストーリー・怪[編集]

第12集。『地獄少女R』7巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「一生の約束」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2011年7月号掲載[4]
  • 444号室(あおいみつ)
  • 一人かくれんぼ(桜倉メグ)
  • あそぼうよ(ハタノヒヨコ)
  • 写真の中のきれいなわたし(日向きょう
  • 病院のエレベーター(伊藤みんご)

激こわストーリー・闇[編集]

第13集。『地獄少女R』8巻と同時発売された。

収録作品
  • 地獄少女より「幽霊のでる時計塔」(永遠幸 原作:地獄少女プロジェクト) - 『なかよし』2012年4月号掲載[4]
  • 寿命のろうそく(青月まどか)
  • エレベーター(茂呂おりえ)
  • セールスの電話(とぐさ壱耶)
  • ふしぎな友だち(福月悠人
  • ベビーロッカー(カンナ)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『地獄少女R』9巻カバー。
  2. ^ 紹介の場面とエピローグは単行本描き下ろし。
  3. ^ a b 雑誌掲載時は『新・地獄少女』の1エピソード。
  4. ^ a b c d e f g h 雑誌掲載時は『地獄少女R』の1エピソード。

外部リンク[編集]