在日クルド人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
在日クルド人、クルド系日本人
Kurds in Japan
総人口

500~600人
(推定)

居住地域
川口
言語
クルド語トルコ語日本語
宗教
イスラム教

在日クルド人(ざいにちクルドじん、英語: Kurds in Japan)は、日本に一定期間在住するクルド人である。日本に帰化亡命した人、およびその子孫のことをクルド系日本人と言う。

概要[編集]

埼玉県蕨市川口市を中心とした埼玉県南部には、1990年代トルコ政府の迫害を恐れたクルド人たちが友人を頼って来日し、トルコ国籍のクルド人難民約300~400人が集住している。蕨市周辺はワラビスタン[1][2][3]とも呼ばれている。日本政府による難民認定を申請しているものの、認められるケースはほとんどなく、日本人と婚姻して滞在許可を得る人もいるが、在留特別許可による滞在が大多数を占めている。しかし、ニュージーランドカナダなどで難民認定を受け、再移住する人も少なくない。

現況[編集]

在日クルド人はトルコ国籍が大半を占めるが、イラン国籍のクルド人も少なくなく、さらにイスラム国支配によるイラクやシリア情勢の緊迫化などに関連して、イラクシリア国籍のクルド人なども出現した。そのような背景から、近年、来日するクルド人は増加し、一説には在日クルド人の総数は500~600人前後と推定されているが正確な統計は無い。また、1990年代に来日した世代の2世も誕生しており、蕨市周辺には日本で生まれ育ったクルド移民2世の若者の姿をよく見かけるようになった。

文化[編集]

多くの在日クルド人はクルド語トルコ語を混用して使用し、クルド人男性の大多数は日本語を習得している。日本で生まれ育ったクルド人の子などは3か国語を話す。在日クルド人はトルコ国内では制限されているクルド人の文化を自由に表現し、トルコでは政治的な側面から禁止されている"Runi"や"Rohat"という名前を子供に付ける人も多い。また、ネブロスと呼ばれるクルドの新年を祝う祭りなどを蕨市内の公園で盛大に祝うなど、彼らはクルド文化を紹介するイベントを開催し、周辺住民と積極的に交流している。

日本政府の対応[編集]

トルコのクルド人に対しては、日本政府は一貫して“親日”のトルコ政府側に立つ。そのため、トルコのクルド人による難民認定の申請に対して、日本政府は難民と認めないのが現状である(難民認定は国内に政治的迫害が存在することを認める事であり、現在の良好な関係を損ねる原因になるため)。ただし、日本とトルコには、最大90日間の査証免除協定があるため、難民認定を目的とした来日が心配されている。これに関して、警視庁公安部は、2006年11月から2007年4月にかけて、埼玉県に居住していたトルコ国籍クルド人8人を入管難民法違反容疑で逮捕した。2007年6月27日、公安部の調べでは、8人のうち数人はクルディスタン労働者党の支援者であると認めており、彼らがテロ活動の支援をしていた可能性があると見ているが、十分な証拠が見つからなかったため、全員の身柄を入管に引き渡した。彼らのうち数人はすでに強制退去となっている。

2004年、クルド人の難民申請者の親子アフメット・カザンキランとラマザン・カザンキランが入国したが、不法入国としてトルコに強制送還された。彼らは国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)が難民認定した難民であるが、日本側は日本の東京高等裁判所が「迫害はなかった」とする判決を出したことと、イギリスが2人の難民申請を却下したことを根拠として、難民として認定しなかった。2006年1月、彼らの家族はニュージーランドに難民申請を行って認められ同国に移住したが、息子のラマザンは兵役のためトルコに残った。2007年3月13日、出国可能となったラマザンはニュージーランドに出国し、家族と再会することができた。これは、『バックドロップ・クルディスタン』と言うドキュメンタリー映画となっている。

2005年2月7日、東京入局管理局はトルコ国籍のクルド人を収容した。彼は、カザンキラン一家と同様、国連難民高等弁務官事務所から難民と認定されているが、東京入国管理局では難民と認定せず強制退去の処分を下した。これに対し、処分の取り消しを求める訴訟を起こし、上告中であったが、仮放免中には月に1回の出頭が義務づけられているため、東京入管に出頭し、そのまま収容された。

また、エルダル・ドーガン一家は1999年に来日し難民認定を求めたが、難民と認定されず強制退去の処分を下された。これに対し、処分の取り消しを求める訴訟を起こしたが、2006年に敗訴した。2007年5月、カナダ政府により難民申請が受け入れられ、2007年7月10日、エルダル・ドーガン一家はカナダに出国した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]