在アメリカ合衆国カナダ大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

在アメリカ合衆国カナダ大使(ざいアメリカがっしゅうこくカナダたいし)は、アメリカ合衆国でのカナダ外交使節団長である。

この地位は正式にはカナダにおける女王陛下の在アメリカ合衆国特命全権大使 (Ambassador Extraordinary and Plenipotentiary to the United States of America for Her Majesty's Government in Canada) という。1943年までは特命全権公使がカナダ代表であったが、大使への昇格にともなってレイトン・マッカーシーがカナダ初の駐米大使に就任した。

歴代の在米カナダ代表[編集]

両端に駐米大使経験者が写っている。
(左から)ノーマン・ロバートソン駐英高等弁務官、マッケンジー・キング首相ブルック・クラックストン国防相、アーノルド・ヒーニー枢密院書記官長パリ講和会議、1946年)

特命全権公使[編集]

特命全権大使[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Embassy of Canada in Washington”. Department of Foreign Affairs and International Trade. 2012年11月12日閲覧。(在米大使館公式サイト・英語)