圧迫骨折

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
圧迫骨折
分類及び外部参照情報
脊椎圧迫骨折
ICD-9 733.13 (pathological), 805-806 (traumatic)
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

圧迫骨折(あっぱくこっせつ)とは、外傷椎骨の弱まりによる椎骨の崩壊のこと。椎骨の弱まりは骨粗鬆症や骨形成不全の患者、原発もしくは転移性骨腫瘍[1]、感染による[2]。健康な人の場合は射出座席のような垂直的な圧力がかかった場合におこる。X線撮影では、くさび形に変形して見える。高齢者におこる圧迫骨折のほとんどが骨粗鬆症に起因しており[3]、胸椎と腰椎の移行部の椎体に生じやすく、くしゃみや腰をひねっただけ[4]、尻もちなどの軽微な外力によって生じる[3]

治療[編集]

保存的療法[編集]

  • 骨粗鬆症に対してカルシトニン製剤[5]
  • コルセット、鎮痛薬、リハビリなどで痛みのコントロールをおこなう[6]

外科的療法[編集]

経皮的椎体形成術の治療を受けた患者のレントゲン写真
  • 経皮的椎体形成術 - 痛みの低減に効果のある低侵襲の外科治療。変形した椎骨に主にアクリル樹脂(PMMA)[7]を用いた骨セメントを注入する治療法で、除痛効果が特に高いとされる[8]

脚注[編集]

  1. ^ Weber, Kristy (2006年2月28日). “Rounds 2: Treatment of Metastatic Bone Disease”. John Hopkins Arthritis Center. 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ Bone Infections”. MedlinePlus (2011年9月7日). 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ a b 日本整形外科学会「脊椎椎体圧迫骨折」
  4. ^ 徳島県医師会「脊椎圧迫骨折と後遺障害 」
  5. ^ Knopp, Jennifer A.; Diner, Barry M.; Blitz, Maurice; Lyritis, George P.; Rowe, Brian H. (2004). “Calcitonin for treating acute pain of osteoporotic vertebral compression fractures: A systematic review of randomized, controlled trials”. Osteoporosis International 16 (10): 1281–90. doi:10.1007/s00198-004-1798-8. PMID 15614441. 
  6. ^ 久留米大学医学部放射線医学教室
  7. ^ 福岡医学雑誌 2007年9月 p337-345「経皮的椎体形成術 : 脊椎圧迫骨折の早期疼痛緩和を目指して」
  8. ^ 聖路加国際病院放射線科

関連項目[編集]