圧力センサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

圧力センサ(あつりょくセンサ)は、圧力を検知するセンサ

MEMSで一般的な圧力センサはダイアフラムゲージ(diaphragm gauge)で、隔膜(ダイアフラム)に加わる圧力を膜の変形として検出する。 変形を検出する方法には静電容量の変化やひずみゲージを使う。小型の血圧計などに使われている。

膜に耐腐食性の材料を使用すれば、反応性の液体や気体の圧力も計測できる。

その他に気体によるダンピング気圧に依存することを利用して、振動子のQ値の変化を検出することで気圧を検出するタイプの圧力計もある。

一定圧力で作動する接点検出式の圧力スイッチも含まれる。

関連項目[編集]