土門拳賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土門拳賞(どもんけんしょう)は日本の写真家である土門拳を敬して、1981年毎日新聞社が設立した写真賞である。社会・人物・自然などを対象とする。同じくリアリズム写真で有名な木村伊兵衛を記念して作られた木村伊兵衛写真賞と共に、写真界の中堅・もしくは新人に与えられる賞である。

木村伊兵衛写真賞が写真界の芥川賞と呼ばれるのに対し、土門拳賞はよく、写真界の直木賞と呼ばれることが多い。なお、土門拳本人は、1979年から没年の1990年までは昏睡状態のため、この賞には直接関わってはいない。

受賞者・受賞作一覧[編集]

  • 第1回(1982年)
    • 三留理男「ケニア飢餓前線」「アコロ」「国境を越えた子供たち」
  • 第2回(1983年)
  • 第3回(1984年)
  • 第4回(1985年)
  • 第5回(1986年)
  • 第6回(1987年)
  • 第7回(1988年)
  • 第8回(1989年)
    • 津田一郎「無明地帯シリーズ”奥の細道”」
  • 第9回(1990年)
  • 第10回(1991年)
  • 第11回(1992年)
  • 第12回(1993年)
    • 長倉洋海「マスード 愛しの大地アフガン」
  • 第13回(1994年)
  • 第14回(1995年)
  • 第15回(1996年)
  • 第16回(1997年)
  • 第17回(1998年)
  • 第18回(1999年)
  • 第19回(2000年)
    • 金村修「BLACK PARACHUTE EARS,1991-1999」
  • 第20回(2001年)
  • 第21回(2002年)
  • 第22回(2003年)
  • 第23回(2004年)
  • 第24回(2005年)
  • 第25回(2006年)
    • 内山英明「JAPAN UNDERGROUND III」「東京デーモン」
  • 第26回(2007年)
  • 第27回(2008年)
  • 第28回(2009年)
  • 第29回(2010年)
  • 第30回(2011年)
  • 第31回(2012年)
  • 第32回(2013年)
  • 第33回(2014年)