土田政久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土田 政久(どた まさひさ、生没年不詳)は、戦国時代武士。下総守を称した。土田秀久の子。母は生駒家広の娘。一説には、生駒親重と同一人物とも言われている。土田御前の父とされている。

土田氏の一族は、美濃国可児郡土田(どた)の豪族とも、尾張国海東郡土田(つちだ)の豪族とも言われる。 元々は近江に派生し、六角氏の支族である山内家の庶流に属するらしい。 土田秀久は尾張小折郡の土豪生駒家広の娘を嫁に迎えたが、後に離縁して実家の生駒家に返した。しかし娘は既に第二子を身籠もっており、尾張の生駒家で産まれたのが政久であるという(これを否定する説もある)。

政久は長じてより織田信康に仕え、息子親重生駒豊政(家広の子)の養子にした。

因みに、豊政には家宗と言う実子がいたが、その家宗の娘がまた美濃の土田弥平次に嫁いだ。しかし弥平次の戦死により実家に戻った。