土田健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土田健次郎(つちだ けんじろう、1949年8月6日 - )は、儒教研究者、中国学者。早稲田大学文学部教授。同大学文学学術院長を経て常任理事(副総長)。父、土田國保警視総監をつとめた。兄、土田龍太郎インド文学研究者・東京大学教授。弟、土田英三郎は音楽学者・東京藝術大学教授。

人物[編集]

昭和24年(1949年)、東京都に生まれる。東京都立日比谷高等学校を卒業し、早稲田大学第一文学部に進学。大学生時代の1971年12月18日に母が死亡し弟が重傷を負った土田・日石・ピース缶爆弾事件では、事件当時自宅2階におり、爆発音を聞いて駆け降りてきた際に、右手にかすり傷を受けている。

東洋哲学専修を卒業。同大学院文学研究科東洋哲学専攻を単位取得退学。文学博士。学生・院生時代は、栗田直躬楠山春樹に師事。

昭和57年(1982年)、日本中国学会賞受賞。

昭和63年(1988年)、東方学会賞受賞。

平成22年(2010年4月開校の早稲田佐賀中学校・高等学校の理事長に就任。

著書[編集]

編著[編集]

主要論文[編集]

  • 「朱熹の思想における心の分析」『フィロソフィア』78,1991.
  • 「儒教典籍」『敦煌漢文文献』(講座・敦煌 第5巻)大東出版社,1992.
  • 「王安石における学の構造」『宋代の知識人─思想・制度・地域社会』汲古書院,1993.
  • 「社会と思想─宋元思想研究覚書」『宋元時代史の基本問題』汲古書院,1996.
  • 「伊藤仁斎と朱子学」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』42-1,1997.
  • 「蘇軾の思想的輪郭」『中国 ─社会と文化』12,1997.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]