土橋八千太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土橋 八千太(つちはし やちた、慶応2年10月28日1866年12月4日)- 昭和40年(1965年3月11日)はカトリック司祭天文学者漢学者上智大学第3代学長。洗礼名パウロ。弟は日本で初めて電気炉製鋼を実用化した土橋長兵衛である。

経歴[編集]

信濃国諏訪郡下桑原村(甲州街道上諏訪宿)出身。明治14年(1881年)、前年に上諏訪村小和田(現諏訪市)の小学校を卒業したばかりの八千太は、諏訪を訪れたパリ外国宣教会宣教師ジュル・ラングレーの説教に感激して洗礼を受けて上京、東京上海神学校で学び、明治21年(1888年9月7日イエズス会に入会する。その後、中国語に堪能であった八千太は上海に留まり同会の天文台に勤務した後、パリ大学に進学し、アンリ・ポアンカレなどの教授陣から、天文学数学神学を学んだ。明治34年(1901年8月24日リヨンで司祭に叙階された。上海の余山天文台副台長となったが、明治44年(1911年)上智大学設立に協力するために帰国。大学では漢文と数学を教えた。昭和15年(1940年)から6年間上智大学学長(第3代)を務めた。

和暦西暦の換算についてまとめた『邦暦西暦対照表』(昭和27年(1952年))を著した他、諸橋轍次の『大漢和辞典』編纂にも参加した。

昭和39年(1964年)、勲三等瑞宝章を受章。