土曜日、日曜日、そして金曜日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
土曜日、日曜日、そして金曜日
Sabato, domenica e venerdì
監督 カステッラーノ=ピポロ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
セルジオ・マルティーノ
脚本 カステッラーノ=ピポロ
パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
セルジオ・マルティーノ
製作 ルチアーノ・マルティーノ
出演者 エドウィジュ・フェネシュ
リノ・バンフィ
バルバラ・ブーシェ
ミケーレ・プラチド
アドリアーノ・チェレンターノ
ローヴァ・モール
音楽 デット・マリアーノ
撮影 アレハンドロ・ウロア
編集 エウジェニオ・アラビーゾ
アントニオ・シチリアーノ
製作会社 ダニア・フィルム
アズ・フィルム・プロドゥクシオン
配給 イタリアの旗 メドゥーサ・フィルム
公開 イタリアの旗 1979年10月20日
上映時間 108分
製作国 イタリアの旗 イタリア
スペインの旗 スペイン
言語 イタリア語
テンプレートを表示

土曜日、日曜日、そして金曜日』(どようび にちようび そしてきんようび、イタリア語: Sabato, domenica e venerdì)は、1979年(昭和54年)製作・公開、カステッラーノ=ピポロパスクァーレ・フェスタ・カンパニーレセルジオ・マルティーノの3監督チームによるイタリアスペイン合作映画である[1][2]。3話構成のオムニバスで、イタリア式コメディの1作である[1]

構成[編集]

  1. 第一話 - 『土曜日』 イタリア語: Sabato : 監督セルジオ・マルティーノ
  2. 第二話 - 『日曜日』 イタリア語: Domenica : 監督パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ
  3. 第三話 - 『金曜日』 イタリア語: Venerdì : 監督カステッラーノ=ピポロ

略歴・概要[編集]

本作は、1979年、イタリアの映画プロデューサーであるルチアーノ・マルティーノが、同国の製作会社ダニア・フィルム、スペインの製作会社アズ・フィルム・プロドゥクシオンと提携して製作を開始、同国内等でロケーション撮影を行って完成した[1]。二人組の脚本・監督コンビであるカステッラーノ=ピポロと、パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、セルジオ・マルティーノの3監督チームが、それぞれ40分程度の短篇映画を監督した[1]

本作は、イタリアでは同年10月20日に公開された[1]

日本では、2011年(平成23年)3月現在に至るまで劇場公開、テレビ放映、ビデオグラム販売等は行われていない[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

クレジット順
『土曜日』
『日曜日』
『金曜日』

[編集]

  1. ^ a b c d e Sabato, domenica e venerdì, インターネット・ムービー・データベース (英語), 2011年3月25日閲覧。
  2. ^ Sabato, Domenica E Venerdi, allmovie (英語), 2011年3月25日閲覧。
  3. ^ パスクァーレ・フェスタ・カンパニーレ、allcinema ONLINE, 2011年3月25日閲覧。
  4. ^ Mimmo Scavia - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  5. ^ Luis Argüello - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  6. ^ Adriana Bellone - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  7. ^ Natalia Verdelli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  8. ^ Antonio Siciliano - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  9. ^ Sergio Tardioli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  10. ^ Salvatore Aiesi - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。
  11. ^ Ernesto Thole - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2011年3月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]