土星の日面通過 (海王星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海王星における土星の日面通過(どせいのにちめんつうか)とは、海王星と太陽のちょうど間に土星が入り、太陽面を通過する天文現象である。

海王星における土星の日面通過は、紀元前125000年から125000年の25万年間で125回ある。これは天王星冥王星よりは多い。前回は88年4月25日、次回は2061年5月29日に起こる。

日面通過の起こる日[編集]

日付は最大食の日付(UTC)。ここでの「BC」は紀元前を示す。

年月日 最大食
BC7374年11月17日 02:09
BC6478年4月22日 11:02
BC5580年7月17日 19:40
BC1886年5月4日 10:47
88年4月25日 23:16
2061年5月29日 11:16
3459年10月6日 12:28
5432年9月15日 10:19
16122年4月29日 19:40
24838年7月22日 00:14

出典[編集]