土崎空襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
平和を祈る乙女の像
(秋田港のタワー「セリオン」付近)

土崎空襲(つちざきくうしゅう、土崎大空襲)は、第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月14日夜間から翌日の8月15日の未明まで、秋田県秋田市土崎港周辺を標的としたアメリカ軍によって行われた大規模空襲である。

概要[編集]

秋田市中西部には八橋油田を始めとする現在でも採掘可能な油田が存在しており、最寄りの土崎港は鉄道・海上輸送のいずれにも至便であったため大規模な製油所(現在のJX日鉱日石エネルギー秋田油槽所)が立地していた。これらは終戦間際になっても空襲に晒される事無く、無傷のままであった。土崎空襲はこの製油所の破壊を目的として行われたとされている。

空襲は1945年(昭和20年)8月14日22:30から翌15日3:30頃まで続いた。数回にわたって落とされた爆弾は、100kg爆弾が7,360発、50kg爆弾が4,687発に及んだ[1]。爆撃目標の日石製油所は全滅状態となるなど、港、市街地は大きな被害を受けた[1]

死者は250人以上[2]、負傷者は200人以上[3]とされている。

この空襲はアジア・太平洋戦争太平洋戦争大東亜戦争最後の空襲(他に大阪小田原熊谷伊勢崎岩国)の一つとされ、また、秋田県で唯一の大規模空襲であった。

平和祈念・伝承[編集]

爆弾の破片で頭部が削ぎ取られた「首無し地蔵」
(秋田市飯島・雲祥院)

土崎では毎年、秋田市戦没者追悼式・平和祈念式典が執り行われ、土崎空襲の犠牲者を悼み平和を祈念している。

土崎に隣接する地区・秋田市飯島の寺「雲祥院」には、土崎空襲の爆弾の破片で頭部が削ぎ取られた「首無し地蔵」と呼ばれる地蔵があり、地元の子供達に戦争の爪痕を見せる貴重な史跡となっている[4]

1979年(昭和54年)には「平和を祈る乙女の像」が、秋田港の現在のセリオンタワー)付近に建立されている[5]

1981年(昭和56年)には、佐々木久春らにより、絵本『はまなすはみた - 土崎空襲のはなし』が刊行されている[4][3]

関連書[編集]

  • 佐々木久春・斎藤昇『はまなすはみた - 土崎空襲のはなし』秋田文化出版、1981年 ASIN B000J7RZAM
  • 佐々木久春著、佐々木良三画、土崎港被爆市民会議編『新はまなすはみた - 語りつぐ土崎空襲』秋田文化出版、2002年 ISBN 978-4870224452
  • 土崎港被爆市民会議・佐々木久春編『証言・土崎空襲』無明舎出版、1992年

出典[編集]

  1. ^ a b 「軍艦が防波堤になりました」”. キッズページ【秋田港】. 秋田港湾事務所. 2013年8月15日閲覧。
  2. ^ 秋田市戦没者追悼式・平和祈念式典(総務省)平成22年度 穂積市長式辞
  3. ^ a b “土崎空襲を語り継ぐ”. 広報あきた. 秋田市. (2000年8月25日). http://www.city.akita.akita.jp/city/pl/pb/koho/htm/20000825/01.htm 2013年8月15日閲覧。 
  4. ^ a b 雲祥院の歴史(臨済宗妙心寺派 瑞流山 雲祥院)
  5. ^ 平和を祈る乙女の像(総務省)

外部リンク[編集]