土居通芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
どい みちよし
土居 通芳
別名 北 一郎 (きた いちろう)
生年月日 1926年12月9日
没年月日 1975年3月16日(満48歳没)
職業 映画監督脚本家
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1954年 - 1975年
活動内容 1954年 チーフ助監督
1958年 監督昇進
1961年 新東宝倒産
1962年 テレビ映画に参入
1975年 死去
主な作品
地平線がぎらぎらっ

土居 通芳(どい みちよし[1]1926年12月9日 - 1975年3月16日)は、日本の映画監督脚本家である。脚本執筆時のペンネームは北 一郎(きた いちろう)。シャンソン歌手の石井好子は義姉(土居の兄の妻)。仲間内からはツーホーさんの愛称で親しまれた。

人物・来歴[編集]

1926年(大正15年)12月9日に生まれる。

1948年(昭和23年)、上智大学経済学部を卒業後、新東宝に入社、助監督となる。おもに阿部豊渡辺邦男に師事し、1954年(昭和29年)チーフ助監督となるかたわら、脚本も執筆する。

1958年(昭和33年)、監督に昇進、高倉みゆき主演の『不如帰』で映画監督としてデビューする。土居は大蔵貢社長の大のお気に入り監督で、デビュー作でいきなりカラー・シネスコ大作の担当となった。その後も土居と高倉のコンビ作が多作され、周囲にはやっかみの声もあったという[2]。新東宝で12本を監督した。

1962年(昭和37年)、『嫉妬』を監督した後、テレビ映画に参入した。

1973年(昭和48年)に砂塚秀夫企画・製作・主演の映画『毘沙門天慕情』を監督し、東宝配給で公開されたのが、劇場用映画の最後の作品となった。

1975年(昭和50年)3月16日、死去した。満48歳没。義姉の石井好子によれば病床で「次は空海を撮りたい」と語っていたという。当初葬儀は身内だけで慎ましく行う予定だったが、実際は葬儀委員長に三船敏郎、友人総代萬屋錦之介、司会桂小金治という顔ぶれが並び、故人の人望が偲ばれる盛大な葬儀になったという。

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外すべて監督

新東宝時代[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

[編集]

  1. ^ 物故会員名簿土居通芳日本映画監督協会、2009年9月14日閲覧。
  2. ^ 『幻の怪談映画を追って』(洋泉社)

外部リンク[編集]