土居健郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土居 健郎(どい たけお、1920年3月17日 - 2009年7月5日)は日本の精神科医精神分析家東京大学名誉教授、聖路加国際病院診療顧問。東京生まれ。東京帝国大学医学部卒業後、米国メニンガー精神医学校サンフランシスコ精神分析協会に留学。キリスト教 カトリック教会の信徒であった[1]

著書『「甘え」の構造』は日本人の精神構造を解き明かした代表的な日本人論として有名であり、海外でも、英語ドイツ語フランス語イタリア語中国語韓国語インドネシア語タイ語で翻訳が出版されている。

略歴[編集]

著書[編集]

  • 『精神療法と精神分析』 金子書房、1961
  • 『精神分析と精神病理』 医学書院、1965
  • 『精神分析』 創元社、1967 のち講談社学術文庫 
  • 『漱石の心的世界』 至文堂、1969 「漱石文学における「甘え」の研究」角川文庫
  • 『「甘え」の構造』 弘文堂、1971
  • 『「甘え」雑稿』 弘文堂、1975
  • 『方法としての面接 臨床家のために』 医学書院、1977
  • 『精神医学と精神分析』 弘文堂、1979
  • 『表と裏』 弘文堂、1985
  • 『「甘え」の周辺』 弘文堂、1987
  • 『「甘え」さまざま』 弘文堂、1989
  • 『信仰と「甘え」』 春秋社、1990
  • 『時のしるし』 ティビーエス・ブリタニカ、1990
  • 『注釈「甘え」の構造』 弘文堂、1993
  • 『日常語の精神医学』 医学書院、1994
  • 『「甘え」の思想』 弘文堂、1995
  • 『聖書と「甘え」』 PHP新書、1997
  • 『「甘え」理論と精神分析療法』 金剛出版、1997
  • 『土居健郎選集(全8巻)』 岩波書店、2000
  • 『続「甘え」の構造』 弘文堂、2001
  • 『甘え・病い・信仰』 創文社、2001 (長崎純心レクチャーズ)
  • 『臨床精神医学の方法』 岩崎学術出版社、2009

共編著[編集]

  • 『精神療法の臨床と指導』 医学書院、1967
  • 『分裂病の精神病理』 東京大学出版会、1972
  • 『精神医学と疾病概念』 台弘共編、東京大学出版会、1975
  • 『「甘え」と社会科学』 大塚久雄川島武宜共著、弘文堂、1976
  • 『精神医学における診断の意味』 藤縄昭共編、東京大学出版会、1983
  • 『精神病理学の新次元 3』 大平健共編、金剛出版、1987
  • 『分裂病の精神病理 16』 東京大学出版会、1987
  • 『いじめと妬み 戦後民主主義の落とし子』 渡部昇一共著、PHP研究所、1995 のち文庫、改題『「いじめ」の構造』 
  • 『治療者としてのあり方をめぐって』 小倉清共著、チーム医療、1995
  • 『「教育改革」は改革か 子どもを救うための10大論点』 PHP研究所、2001
  • 『ホイヴェルス神父 信仰と思想』 森田明共編 聖母の騎士社、2003 (聖母文庫)
  • 『「甘え」と日本人』 齋藤孝共著、朝日出版社、2004
  • 『甘えと教育と日本文化 幼児・初等教育の将来-日米比較の観点から』 キャサリン=ルイス・須賀由紀子・松田義幸共著、PHPエディターズ・グループ、2005 (エンゼル叢書)

翻訳[編集]

  • 『精神分析への手引 理論と実際』 ローレンス・S.キュービー、日本教文社、1952
  • 『脳と意識的経験の統一』 Sir John Eccles、吉田哲雄共訳、医学書院、1967
  • 『神経症と創造性』 ローレンス・S.キュビー、みすず書房、1969
  • 『私の好きな言葉 思想家と詩人の言葉』 ヘルマン・ホイヴェルス、エンデルレ書店、1974
  • 『時の曲り角』 H.ホイベルス、中央出版社、1976
  • 『ホイヴェルス神父のことば キリスト教と日本の一つの出会い』 戸川敬一共編、弘文堂、1986
  • 『癒し人のわざ 医療の新しいあり方を求めて』 エリック・J.キャッセル、大橋秀夫共訳(改訂版)、新曜社、1991
  • 『ホイヴェルス神父日本人への贈り物』 H.ホイヴェルス、森田明共編、春秋社、1996

脚注[編集]

  1. ^ 海上寮の歴史 - 海上寮診療所(ロザリオの聖母会)
  2. ^ 「甘え」の構造 土居健郎さん死去、89歳 - 朝日新聞(2009年7月6日閲覧)

関連項目[編集]