土佐光茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

土佐 光茂(とさ みつもち、明応5年(1496年)? - 没年不詳)は、室町時代後期から戦国時代にかけての大和絵土佐派絵師刑部大輔土佐光信の子。実子に土佐光元。土佐派の跡を継いだ土佐光吉は次子とも弟子とも言われるが、『土佐家資料』[1]には光茂の没年や享年・戒名、光元の戦死場所などが正しく伝えられていない点から、門人説が有力である。官位正五位下・刑部大輔。

生涯[編集]

地下家伝』に収録された系図の注釈によると明応5年の誕生とされ、これが正しければ光信60歳代の子になる。光信は狩野元信に娘を嫁がせているが、これは老い先不安な光信が、元信に幼い光茂の後見を託す意味があったと考えられる。大永2年(1522年)から永禄12年(1569年)までの記録が残っており、大永3年(1523年)には既に光信の跡を継ぎ絵所預に補任され、左近将監を経て、享禄元年(1528年従五位上、享禄5年(1532年)正五位下・刑部大輔に至る。

天文19年(1550年)5月初めに近江穴太で客死した足利義晴の寿像を描くために下向。この時の体験が、2年後の天文21年(1552年)から弘治3年(1557年)の間に描かれた大徳寺塔頭瑞峯院の「堅田図」(静嘉堂文庫美術館蔵。また、東京国立博物館の断片2幅が近いとされる。概要は同博物館所蔵の模本で分かる)に生かされたと考えられる。また、近江に下向した際、六角氏の居城観音寺城本丸に「犬追物図」を描き、その模本が伝存する。

お湯殿の上の日記』の永禄3年(1560年)6月から12月まで、宮中で源氏物語の「車争図」屏風を光茂に描かせることについて多数の記述があり、仁和寺が所蔵する六曲一双の「車争図」屏風が、この時の作品であると言う説が有力である。この絵では、従来の物語を説明するための「絵解き」から解放され、絵画作品として一つの世界を作り出しており、絵自体の面白さが目立ち、古典を題材とした風俗画に近くなっている。本作と同図の作が後世にも連綿と作られており、このような物語絵の創作と規範化、継承には、光茂の役割は大きかったと考えられる。

永禄12年(1569年)には織田信長の命により足利義昭邸の障壁画を描いた。同年8月、息子光元が戦死、光茂は絵所領である和泉国上神谷の安堵を求めて、細川幽斎今井宗久らに働きかけたが叶わなかった。失意の光茂は結局弟子の光吉に土佐家代々の記録書や粉本を譲り、光元の遺児3人の養育を頼むと、間もなくで亡くなった。

画風は、父・光信がやや粗い筆致と淡い彩色の枯淡な味わいだったのに比べ、人物・風俗の描写が豊かで、色彩も鮮麗になり、明快でより近世的な明るさに溢れる。また、狩野派などの漢画の力強い描線による造形把握や構図法を取り入れ、水墨画作品も手がけるなど、和漢が混合した様式を作り上げた。

代表作[編集]

琵琶湖東岸に位置する繖山と桑実寺の草創、及び本尊薬師如来の由来と霊験譚を描いた絵巻物。足利義晴が発願・奉納し、三条西実隆が詞書の草案をし、 後奈良天皇が上巻第一段詞書を、尊鎮法親王が第二段以降の詞書を記す。『実隆公記』によって制作経緯がわかる、室町時代末期の基準作である。物語冒頭に桑の大樹(大樹は将軍の異称)を描き、桑実寺を世界の中心として近江の地を美化する本作の世界観は、京を追われて桑実寺に仮幕府を開いていた義晴の政治的意図の反映だと考えられる。

以上3点は、確実に光茂の遺品とされる。

  • 部分によって描写のばらつきがあるものの、光茂と彼の工房か、光茂周辺の絵師の作だと考えられる。

参考文献[編集]

  • 相澤正彦 「16世紀復興画壇の騎手 ─元信と光茂」(島尾新責任編集 『日本美術全集第9巻 室町時代 水墨画とやまと絵』 小学館、2014年10月、pp.194-200、ISBN 978-4-09-601109-1
  • 亀井若菜 『表彰としての美術、言説としての美術史 室町時代足利義晴と土佐光茂の絵画』 ブリュッケ、2003年 ISBN 978-4-4340-3644-6
  • 宮島新一『日本の美術247 土佐光信と土佐派の系譜』 至文堂、1986年
  • 週刊朝日百科『世界の美術117 土佐派・狩野派絵画の成立』 朝日新聞社、1980年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『土佐家資料』京都市立芸術大学

外部リンク[編集]