国際養蜂協会連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際養蜂協会連合(こくさいようほうきょうかいれんごう、Apimondia)は、イタリアローマに本部を置き、世界中の49カ国・55の養蜂協会が属する国際組織。会員数は500万人以上。

1987年以来、ほぼ2年に1度の割合で世界各地で「国際養蜂会議」を開催している。会議ではローヤルゼリープロポリスなどのミツバチ産物の臨床基礎研究や生産技術など、ミツバチに関するあらゆる分野に関連した大学製薬会社・企業などによる様々な研究成果が発表されている。

国際養蜂会議では主に以下の分野に分かれて発表が行われる。

  1. 養蜂経済
  2. ミツバチ生物学
  3. ミツバチ病理学
  4. 花粉媒介蜜源植物
  5. 養蜂技術・機器
  6. アピセラピー蜂毒療法、蜂産品療法、ApitherapyBee venom therapy
  7. 養蜂と農村開発